« 防火水槽 213 ■ 奈良県吉野郡下市町善城1136 | トップページ | 旧家の木塀、赤茶けた室外機3つ。 »

2018年6月11日 (月)

石鹸の金型専門とは…

 東大阪市某所へ仕事。旧村を行きますればこんな看板。最初なにげに「学習塾か?」と思いましたけど…
Iokibe1 Iokibe2
 「何で?」ってほれ、とかとか進歩も何となくそれっぽいから。
 で、スルーしかけによく見たら…こんなピンポイントな職種があるんかとちょっとびっくり。調べますれば金型屋さんの様ですが、さすがはなんでも作ってる東大阪って感じ。
 しかしながら石鹸の金型だけでそれだけ需要があるんですね。牛乳石鹸クロバーマックスウタマロニッサン石鹸もつい数年前まで大阪で作っていたこと思うと石鹸は大阪の地場産業のひとつなわけで、まぁ納得…かな。
 ボディソープが幅を利かせて固形石鹸もなんとなくノスタルジーを感じさせるアイテムって感じがせんでもない昨今を思うと…やっぱりびっくりか。固形石鹸派としてはぜひとも頑張って頂きたい会社ですわ。

(於:東大阪市) これ“イオキベ”と読むのかな? 珍苗字。

|

« 防火水槽 213 ■ 奈良県吉野郡下市町善城1136 | トップページ | 旧家の木塀、赤茶けた室外機3つ。 »

小発見」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

看板」カテゴリの記事

コメント

五百旗頭さんって、政治学者にいてはりましたよね。

固形石鹸、最近使わなくなりましたが、お友達に勧められて、ソープカービングなるものを体験したとき、石鹸の硬さが大事なんやということを知りました。顔・身体・手を洗うもんやと思ってたんですが、そうではないみたいで・・・

投稿: 天王寺蕪 | 2018年6月20日 (水) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/66821103

この記事へのトラックバック一覧です: 石鹸の金型専門とは…:

« 防火水槽 213 ■ 奈良県吉野郡下市町善城1136 | トップページ | 旧家の木塀、赤茶けた室外機3つ。 »