« 雨が描いた滝 | トップページ | 琺瑯タンクの余生 37 ● 兵庫県南あわじ市阿万東町 »

2018年6月25日 (月)

午前11時の鳴門海峡ぐるぐる

 6月にしてこの暑さ。ヘトヘトの皆さんにもビジュアルでちょっとはやめの暑気払い。
1806251100
 てな訳で鳴門のうず潮typhoonを間近で見てきました。あれは遠目に見て楽しむもんやろと勝手に思ってましたけどなんのなんの。小さめの船から見るそれは凄いのなんのって。太平洋と瀬戸内海の水面差が1m近くできてる図を目にするだけでも大びっくり。純粋に感動しましたわ。
…な割に写真では渦に見えませんか。ま、涼しさだけ感じてもらえたらそれでええとします。

(於:徳島県鳴門市〜兵庫県南あわじ市) 徳島の中華そばには入ってなかったわ、ナルト。

|

« 雨が描いた滝 | トップページ | 琺瑯タンクの余生 37 ● 兵庫県南あわじ市阿万東町 »

写真」カテゴリの記事

コメント

涼感をありがとうございます~
大昔、見ましたが、鳴門の渦潮、
迫力、はんぱないって!(mitaにわかサッカーファン)

ポーの「うずしお」とか、
先日来、夫が見ていたBS時代劇「鳴門秘帳」、
渦潮に飛び込んで、生還できるなら
わたしも、一度、飛び込んでみたい。


投稿: mita | 2018年6月26日 (火) 09時39分

子どもの頃、町内会の旅行かなんかで船に乗りました。
写真に撮っても、やっぱり生の潮の流れの再現は難しいですよね。
で、子どもの時の話に戻りますが、船が渦の飲まれて沈んでしまうんじゃなかろうかと真剣に心配しながら乗ったのも、今は懐かしい記憶です。

投稿: ぽんぽこやま | 2018年6月26日 (火) 20時40分

昔、洗濯機で「渦潮」とか何とかいう機種、ありませんでした?以来、鳴門の渦潮を見ると「あ、洗濯機!」と反応してしまう私・・・

投稿: 天王寺蕪 | 2018年6月27日 (水) 18時49分

よく見ると、白い大蛇か龍のよう、ちゃんと目もあるし~
渦潮は、とぐろを巻いた姿、
蛇が、水と関係ある神やその使いとみられたのもさもありなん、って蛇足。

壁紙に使わせていただきますね!

投稿: mita | 2018年7月 1日 (日) 08時33分

追伸

著作権侵害ですね、やめときましょう。

投稿: mita | 2018年7月 1日 (日) 13時56分

●mitaさま
ちいとは涼しい気分になって頂けましたでしょうか。で、確かに龍っぽい。お書きの通りです。
著作権侵害…まぁ、ね。けど、ええですよお使い頂いたら。ちゃんと言うてくれてはるからオッケーです。

●ぽんぽこやまさま
渦に巻き込まれるかも…と思いながらの乗船の方が値打ちありますね。そういう意味では子供の時の方が何でも100%以上に感じていた様に思いますね。

●天王寺蕪さま
確か“うず潮”って名の洗剤もあった様に思います。調べますと洗濯機はナショナル製、洗剤は奈良油脂工業みたいですけど、洗剤はもう作られていないみたいです。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2018年7月12日 (木) 13時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/66870039

この記事へのトラックバック一覧です: 午前11時の鳴門海峡ぐるぐる:

« 雨が描いた滝 | トップページ | 琺瑯タンクの余生 37 ● 兵庫県南あわじ市阿万東町 »