« てっぺんパンクな生垣 | トップページ | 街角に東レの門柱 »

2018年5月14日 (月)

昭和の公園、平成30年5月の図。

 戦争起きたら、こんな風になるんかなぁとふと思う。
Ksjk1
 そのうち遊具の鉄が供出させられ…そんなことのない様に祈るばかり。
 いつの頃よりブランコヤメて畑にしたのか…どうやら数年後には廃止される集合住宅の一角の図。
Ksjk2

(於:西淀川区) 赤い花が妙に沁み入るなぁ。

|

« てっぺんパンクな生垣 | トップページ | 街角に東レの門柱 »

建造物」カテゴリの記事

摂津(大阪市外)」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

寂しい…

何が寂しいって、子どもの頃の我々がここを見つけたら、間違いなく無理やり遊んで、服に洗っても取れない錆汚れや草の汁つけてはお母ちゃんに怒られ、うっかり畑荒らしてはおっちゃんに怒られてますがな。

おばちゃん、もう遊具で遊ぶのは下手くそやけど、こんなとこってかわいい花とか変なキノコとか生えてるねんで~って子供に教えてやりたい。

投稿: おばちゃん | 2018年5月22日 (火) 10時03分

●おばちゃんさま
あ〜なるほど。確かに「子供はここで遊びや」と用意されたもんでは遊んでもオモロなかったですね。こういうとここそオモロイ…懐かしい気分を思い出しました。
“やんちゃもん”も今はどこへ…確かにさみしいです。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2018年5月22日 (火) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/66720759

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和の公園、平成30年5月の図。:

« てっぺんパンクな生垣 | トップページ | 街角に東レの門柱 »