« 素っ気ないけど、 | トップページ | 草青々、軽トラの荷台も草早々。 »

2018年3月15日 (木)

昭和なプラ看板 158 ● 世界の時計 ー SEIKO

 もう廃業された風情のお店の軒先にありました。
Seiko1 Seiko2  いつの頃の看板なんでしょう、文字盤の中に“世界の時計ーSEIKO”の文字が記されています。確かにその通りではありますが、それをわざわざ文字にしているところに時代を感じます。万博っぽさ(?)が感じられるところを見ると1970年代のものでしょうかね。
 看板は青い文字盤…そう言えば中学生になった時のお祝いで両親から贈ってもらった腕時計のそれが青だったことを思い出しました。まぁセイコーではなくシチズンでしたけど。今と違ってそれなりに高価なモンやったはずですけど使った記憶もなくさっさとどこかへやってしまったなぁ…いま思い出し心痛みます。いろんなことやってもらって当たり前って思ってずっと生きてきたこと思うとホンマ心痛いですわ…話それました。
 きょうび中学生の入学祝って言うと、スマホとかになるんでしょうかね。携帯端末が安なったと言ってもやっぱり子供のスマホ使いに抵抗がありますわ、はい。

(於:和歌山県岩出市) とことんモノを粗末にして育ったもんやでホンマ情けない。

|

« 素っ気ないけど、 | トップページ | 草青々、軽トラの荷台も草早々。 »

プラ看板」カテゴリの記事

コメント

青、鮮やか、きれい、
「青春遺産」認定。

投稿: mita | 2018年3月16日 (金) 09時24分

私も中学入学の時、腕時計を買ってもらいました。
文字盤は白でしたが、同じくシチズンでした。
高校まではしてたかな…

あの頃は、雑誌に広告が載ってる学生の腕時計と言えば、セイコーかシチズンか、たまにオリエントって感じでしたね。
(おじさんはオメガとかラドーとかしてたりする)

そういう意味ではやっぱり「青春遺産」

今ふっと思い出しましたが、小学校の時ダイエーで売ってたTIMEXの安物の時計も欲しかったな。

投稿: おばちゃん | 2018年3月17日 (土) 10時52分

皆様と同じく、私も中学入学祝に腕時計を買ってもらいました。おばちゃん様と同様、白い文字盤のシチズンのもの。私のはクウォーツで姉のは自動巻きだったことを思い出しました。
なんとなく、腕時計をして塾に行ったら、物凄い大人になった気がしました。

投稿: 天王寺蕪 | 2018年3月18日 (日) 07時53分

●mitaさま
青春遺産…は? ま、そうしましょ。

●おばちゃんさま
TIMEX…当時ラジオのCMでよく流れてましたね。あと“リコーツ”ってリコーの時計とかも。アルバっていうSEIKOの別ブランドもその頃出た様に記憶しますが。
何や分かりませんけどみんなまとめて“青春遺産”。

●天王寺蕪さま
スマホ全盛の時代でも私はいまでも腕時計は欠かせません。けども…子供のまんま。腕時計ひとつで大人になれたらええなぁとかなんとか。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2018年3月19日 (月) 18時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/66500017

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和なプラ看板 158 ● 世界の時計 ー SEIKO:

« 素っ気ないけど、 | トップページ | 草青々、軽トラの荷台も草早々。 »