« 雪つもって雪だるまつくって | トップページ | ビルの隙間にメルヘン挟まってるナンバ »

2018年2月13日 (火)

剥げた美容院の看板夕日に照らされて…

 はじめて目にするも、懐かしさが…
Margue1 Margue2
 形状とどめるもすっかり色あせる看板。そうそう、プラスチックになる前はガラスに描かれたスタイルでした…ってまぁほとんどそれが全盛の頃は知らんのですが。
 剥げた看板よく見れば“御婚礼着付パーマ”の文字。晴れやかで先端を行ってたお店やったこと想像すると、そこがアパートであり汲取便所の臭気筒も健在というシチュエーションに哀愁を感じます。
 なんてこと思いつつもそこには今にはない生活感があふれていたんやろなぁと想像すると、懐かしい様な寂しい様な気持ちになってきました。何や…沁み入りますなぁ。

(於:和歌山県岩出市) 生活に“ニオイ”がなくなってしもて…ええんかいなと思うときがある。

|

« 雪つもって雪だるまつくって | トップページ | ビルの隙間にメルヘン挟まってるナンバ »

懐かし…」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/66393291

この記事へのトラックバック一覧です: 剥げた美容院の看板夕日に照らされて…:

« 雪つもって雪だるまつくって | トップページ | ビルの隙間にメルヘン挟まってるナンバ »