« 防火水槽 205 ■ 三重県鈴鹿市東庄内町4028 | トップページ | ビルの谷間に梅咲いて…って天満宮の端っこ。 »

2018年2月28日 (水)

青空と、缶ビール(の看板)。

 今は“平成の”って感じですけど、そのうち「懐かしぃ」って風情になると思いますなぁ。
Kilabe1 Kilabe2
 陽もすっかり春めいてきて…ってこれ撮った時はまだ寒かったんですけどまぁお許しをってことでこれ、いかにも飲みとなるわぁっていうシチュエーションでええなぁと思いまして。
 陰と陽と…これどっちも「飲みたい!」なんですよねー。晴れた日に外でプシュッと一杯、日が暮れて家でしみじみ一杯…まぁはやい話いっつも飲みたいなぁみたいに…って依存症か。
 で、この看板。今はキレイで現行のデザインとほぼ同じゆえ何も思いませんけど、もう10年もしたら「これって昭和の看板やんな」って言われるんやろなぁって思わせるモンがありますな。デザインはともかく、缶というパッケージの形、そして傾いているってのも何か昔っぽく感じる要因ですかな。まぁキリンのラガービールですから、それくらい古っぽく見られた方が値打ち出るってもんかも知れませんけど。何やかんや書いてますけど、お気に入りの看板。けどまぁビールはアサヒ…いや、どこのでもええわ、普通のやったら。

(於:和歌山県岩出市) スペシャルな味のヤツはお店で飲んでナンボやな。日本酒もしかり…かも。

※関連記事:
アラ!』 2015年12月 記

|

« 防火水槽 205 ■ 三重県鈴鹿市東庄内町4028 | トップページ | ビルの谷間に梅咲いて…って天満宮の端っこ。 »

プラ看板」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/66444613

この記事へのトラックバック一覧です: 青空と、缶ビール(の看板)。:

« 防火水槽 205 ■ 三重県鈴鹿市東庄内町4028 | トップページ | ビルの谷間に梅咲いて…って天満宮の端っこ。 »