« 鉢植えの根っこ、コンクリの隙間から大地を目指す。 | トップページ | 鴨川にカモ、か。 »

2017年12月30日 (土)

冬の空地に陽が射して

 草むらに雲間からのひかり射してええ感じ。
1712211446
 ここは街の一角。空地って近年はすぐアスファルト舗装されてこの様な状態を見ることもホンマ少なくなりました。イネ科のが枯れた風情で冬を感じさせる中、セイタカアワダチソウはまだまだ青々というか黄色くてまだ秋な感じ。これはこれで外来植物とは言えキレイなもんです。イネ科とキク科の違いなのか、外来種は強いということなのか…とか記しながらこの枯れた方の草にも外来種があるのかもしれませんね。ま、植林されたスギ林もキレイなら雑木林もまたよろし同様、草むらの秋冬もなかなか味わいあるもんなんやなぁと改めて思ったのでした。

(於:東大阪市) わしの鼻を困らすブタクサもカモガヤも外来種か…近寄らんとこ。

|

« 鉢植えの根っこ、コンクリの隙間から大地を目指す。 | トップページ | 鴨川にカモ、か。 »

植物」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/66219761

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の空地に陽が射して:

« 鉢植えの根っこ、コンクリの隙間から大地を目指す。 | トップページ | 鴨川にカモ、か。 »