« 荒本東交差点、25日17時23分。 | トップページ | 冬の空地に陽が射して »

2017年12月29日 (金)

鉢植えの根っこ、コンクリの隙間から大地を目指す。

 玄関脇を飾る木、ツバキ系のですかね。根元にサボテンを配してなかなかええ感じ…ってだけ?
Shokushu1 Shokushu2
 いくつも植木鉢があって「え、これも?」とよく見たら元々鉢植えですやん。
 もうすっかり鉢はただの輪っかとなり、ミミズみたいに出た根っこが割れたコンクリから大地目指して触手を伸ばし…って、このひび割れ自体、根っこの仕業かもしれませんな。
 今さら撤去もできん、かといってほっといたら家傷む可能性もあって…など思うも何年か先も見たい気もします。他人事やもんな、無責任ですけど。

(於:京都市左京区) 美しい花咲かすも根っこはグロテスク…

※関連記事:
立派に一本立ちした木、胴に樽の腹巻。』 2015年10月 記
植木鉢、服と化す。』 2014年5月 記

|

« 荒本東交差点、25日17時23分。 | トップページ | 冬の空地に陽が射して »

京都ネタ」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/66218826

この記事へのトラックバック一覧です: 鉢植えの根っこ、コンクリの隙間から大地を目指す。:

« 荒本東交差点、25日17時23分。 | トップページ | 冬の空地に陽が射して »