« 畑の隅の、秋の夕暮れ。 | トップページ | 東除川のシラサギ »

2017年11月16日 (木)

町かどの石庭

 目的あってのことか、アートか。
Gorogoro1 Gorogoro2
 新旧の家混ざる住宅地の一角に“石庭”がありました。その石の数ざっと200…って超ざっとですが。
 都心のそれは路上生活者が寝られん様にというちょっとイヤな隠れた目的があってのことみたいですが、これも…そうか否か。何となく“ネコ避け”なモンを感じますけど…まぁ涼しい顔して歩くことでしょうな。と思いましたけど、やっぱり腹擦るし嫌がって来んかな。
 とまぁあれこれ理由を考えるっちゅうのがそもそも間違っとりますな。うん、純粋に石庭をここに造った、以上。無粋やわ、わし。

(於:松原市) “アート”という言葉の安っぽいこと。引越屋はんのせいか…

※関連記事:
石燃えて、小石三つに…谷四の石庭。』 2012年7月 記
石燃える…谷四の石庭。』2011年7月
騙されてた…偽モンかいな』2007年8月

|

« 畑の隅の、秋の夕暮れ。 | トップページ | 東除川のシラサギ »

建造物」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

コメント

豪放磊落的忍び返し的目的。

投稿: mita | 2017年11月18日 (土) 10時31分

●mitaさま
これまた難しいお言葉を…確かにそんな感じかな。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2017年12月 8日 (金) 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/66054768

この記事へのトラックバック一覧です: 町かどの石庭:

« 畑の隅の、秋の夕暮れ。 | トップページ | 東除川のシラサギ »