« 防火水槽 198 ■ 奈良県吉野郡吉野町河原屋94 | トップページ | でっかい雲の夕暮れ、東住吉区にて17時32分。 »

2017年11月 3日 (金)

昭和なプラ看板 150 ● 世界の万年筆 プラチナ

 

駅長たまに会った初夏、少し駅あたりを散歩しますれば古い文房具屋さんの軒下に、それはありました。
Platinum1 Platinum2
 万年筆なぁ…思えば大学時代から社会人成り立ての頃までは使ってましたが、もう四半世紀は使ってないかも。しかもその頃は西洋かぶれしてまして“LAMY”のそれ。余談ですが大型カメラのレンズもシュナイダーで揃えて…今やったら絶対そんなことせんなぁ。
 と、全然プラチナ万年筆のこと記しませんですいません。国内業界3位で歴史もいちばん浅いとか。それよりウッドラックパネルの“ハレパネ”がプラチナやったこと思い出しましたわ。それが今でも売られていたとはちょっとビックリ。市場で見たことないんですけどね。

(於:和歌山県紀の川市) そもそも筆記具を使わん様になって久しいわ。

|

« 防火水槽 198 ■ 奈良県吉野郡吉野町河原屋94 | トップページ | でっかい雲の夕暮れ、東住吉区にて17時32分。 »

プラ看板」カテゴリの記事

コメント

中学の入学祝に、いとこが堂チカ(堂島地下センター)でプラチナのピンクの万年筆を買ってくれました。

旺文社や学研の雑誌、中一時代とか中一コースを予約するともらえるのも万年筆だったような…

私も大学生の頃まで万年筆が好きでよく使っていましたよ。
会社員になったら大嫌いなボールペンばっかりでしたが。

投稿: おばちゃん | 2017年11月12日 (日) 15時24分

●おばちゃんさま
あぁその手の半教材みたいなもんには確かに万年筆のプレゼントが多かった様に思いますわ。腕時計に万年筆…大人へ半分仲間入りな感覚…懐かしいなぁ。
ボールペンは…BICのそれはネチっとした書き味でしたけど、いまはどうなんでしょ。サラサラ書けるのもええですが、あのネッチリ感もええんですけど。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2017年11月21日 (火) 13時22分

この文具屋さんってまだやっていますか?
ちなみに、お店の名前とか分かりますでしょうか?
看板を何度見てもピンともこずで、すみませんが、ご存知でした教えてください。

投稿: 通りすがり | 2018年11月20日 (火) 13時26分

●通りすがりさま
はじめましてようこそアホげへ。
ここは…もう文具屋としてはやってはれへん様な気がします。
場所は川を渡ったところ。井ノ口。
業転してやってはるみたいに思われました。

以上、参考になれば幸いです。

投稿: 山本龍造 | 2018年12月 2日 (日) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/66002427

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和なプラ看板 150 ● 世界の万年筆 プラチナ:

« 防火水槽 198 ■ 奈良県吉野郡吉野町河原屋94 | トップページ | でっかい雲の夕暮れ、東住吉区にて17時32分。 »