« まるでくぎ煮、瓦まみれの壁。 | トップページ | マキの木、石庭に雲とビルの図。 »

2017年10月 5日 (木)

星組公演“ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA”

 宝塚観劇卒業したはずの山本龍造ですがこの度、茶の湯で知り合ったお方から「万代貸切公演応募したら当たったので行きません?」の誘いを受け、行ってきました。
Bdt  そのお方言いはります「普通は応募したら大体当たる」と。何度かは私も当たったことありますけど…そんなに当たるもんなんですね。
 てなわけで観てきましたのは新生星組のこの出し物。北翔さんのことはもう忘れてその世界に浸ってきましたが …まぁ、ね。ちょっと感動薄い物語に中弛み感を覚え、二部のレビューは…まぁいいか。それより何より、大劇場でこのところ全然お目にかからんかった御崎恵さんによる指揮。御崎さんは一緒に行ったお方の従兄弟でもあるわけで、始まる前にお互い軽く手を振って…あの揺れる長い黒髪での指揮…いい感じ。で、内容ですが誘ってくれた人言うに「オーソドックスなレビューや」ということ。そこがわたし的にはちょっと退屈かな。てなわけで打ち込み音源ゼロでそこはよかった。
 で…やっぱりね、いいわぁ礼 真琴さん。小柄でシュッとしつつもこの人が歌うと…締まるなぁというか聞き惚れるなぁというか。氏がいずれトップになって…てなこと想像すると、やっぱりヅカ観劇は、やめられへんのかもしれません。
 観劇終わって飲食でもと焼き鳥屋向かうも満席。仕方ないなと駅前のソリオ内で呑み屋さがしてビールに日本酒呑みもって話していると、そこに「5名行けますか」の声。入って来はったその人らの会話が…どうもヅカの楽団員な感じやなぁとその話を「そや、従兄弟に訊いてみよ」とmail。何回かのやり取りの末御崎さんから電話があり、飲んでる人の特長なんかを話すうちにきっとそうやということになって電話を楽団員に回して…みなさんビックリ。こんなことあるんですね。ついでながら私も御崎さんとお話しさせてもらって…緊張して何喋ったんかさっぱり覚えてませんわ。
 とまぁ結局のところ、観劇後の呑み屋のひと時に感激したという…ちょっといつもと違う不思議な宝塚での一日でした。

御崎さんは最近、東京宝塚劇場中心に活動してはるとのことです。

保存

|

« まるでくぎ煮、瓦まみれの壁。 | トップページ | マキの木、石庭に雲とビルの図。 »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

毎度のことながら、このネタにはやはりコメントをしたくなるわたくしでございます。

万代やコーナンの貸し切り公演、当たるもんなんですね。私、あまり当たったことがなくて、そうなんやーと。今度から、律儀にトライしてみます。

それはさておき、ほらね、ほらね、ほらね・・・そうやって、はまっていくんですよ(笑)ものすごい、ご贔屓の方は退団してしまっても、「あ、この人、ええな」という人が、必ず現れるんです。そして、通い詰めなくても、なんとなーく、時々行って、成長ぶりをみて、安心して、またその時にちょっと気になる生徒さんを見つけて・・・と永久ループにはまってしまうんです。

宝塚のオケは、外に向いては活動されていないようですが、考えてみたら劇場付きのオケで、クラッシックからポップスまで幅広い演奏ができる、凄いレベルのオケなんですよね。指揮者もしかり。劇場付きの指揮者やオケは、その時その時の演者さんの様子を見て、微調整をせねばならず、かなりのレベルを要求されます。オケだけで振っているor演奏しているだけとは異なる技術も要求される訳で、ついつい舞台で歌って踊ってお芝居してはる生徒さんに注目してしまうんですが、冷静に観てみると、オケの皆さんは実はすごいんですよね。

投稿: 天王寺蕪 | 2017年10月 8日 (日) 22時47分

いや、それはうらやましい。
滅多とないですよ。
あと、卒業したなどとおっしゃらないで、特定のごひいきなしでの観劇も楽しいですから、たまには見てやってください。
次の星組は、落語の「地獄八景亡者戯」を元にした作品やるみたいですよ。

投稿: ぽんぽこやま | 2017年10月 9日 (月) 07時08分

●天王寺蕪さま
誘ってくれはったお方、その二日後(?)にあったコーナン貸し切り公演にも行かれたとか。まぁそっちは知り合いに誘われての話みたいですけどね。なんか御崎さん裏から手まわしてはるんちゃいますの…って、それはないでしょうけども当たるんですね。
で…そのカラクリというか何というかがあって一世紀に渡って愛される存在になってるんですね。たいしたもんです。
楽団の人たち全員にお会いしたわけではないので何とも言い切れませんけど、20代の人々もおられて意外に思いました。確かに何でもオッケーな達人集団ですね。これからもっと耳でも楽しもうと思いました。

●ぽんぽこやまさま
滅多とない…は、貸し切り公演に当たること? もしくは楽団の皆さんと同席できて御崎さんと電話でお話できたこと? ま、確かにどちらも滅多とないこと。ついてるなぁ。
きっとずっと…薄い付き合いになるとは思いますがヅカ観劇は続きそうです。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2017年10月16日 (月) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/65885047

この記事へのトラックバック一覧です: 星組公演“ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA”:

« まるでくぎ煮、瓦まみれの壁。 | トップページ | マキの木、石庭に雲とビルの図。 »