« 午前6時27分の空と光と太平洋と。 | トップページ | トタンヤのブリキヤ »

2017年8月17日 (木)

たばこ屋の隅でセンター大村崑

 羽曳野市某所で仕事。近鉄は松原駅前からクルマに乗せてもらい現地に向かう途中ふと目に入った大村崑さん。
Oishiidesuyo1 Oishiidesuyo2  「ちょっと止めて」とも言えず駅で解散後改めて出向くと…やっぱりええ感じ。看板自体の味わいもさることながら、何となくそこにありそうにないそのシチュエーションにして“取って付けた感”がないところがええんでしょうな。崑ちゃんを中心に公衆電話やら牛乳箱やら自販機たばこの文字と全部で独特の雰囲気を醸し出していますわ。
 まぁオロナミンCの看板自体のことはそれはそれはあっちこっちでいっぱい語られてることでしょうから割愛…と思いましたけど、看板左下の“巨人の星”見ると…あぁまさしく幼少期の記憶が蘇ってきまして。卵と混ぜて“オロナミンセーキ”…YouTubeにもCMいっぱいありますけどそれ見ると50年前にして120って…さすが大塚!って思ったり。いや何となく、はい。
 看板の詳細は兵庫県在住の主婦安部さんによる素晴らしいサイト“お散歩 Photo Album”の“飲料2 オロナミンC”に詳しく記されています。

(於:松原市) 崑ちゃん“いいとも!”出演時、手土産にオロCさげてはった…

※関連記事:
すりガラス越しにこっち見てはる大村崑』 2015年4月 記
浪花千栄崑さん…』 2014年8月 記

保存

保存

保存

|

« 午前6時27分の空と光と太平洋と。 | トップページ | トタンヤのブリキヤ »

懐かし…」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

看板」カテゴリの記事

コメント

昭和が詰まってますね、
記憶のかなたから浮かび上がる昆ちゃんのセリフ、
「うれしいとメガネが落ちるんですよ」
いや、「おいしいとずれるんですよ」でしたっけ?

投稿: mita | 2017年8月18日 (金) 13時53分

思えばあの頃は、食事以外で補充せなあかん栄養素はビタミンぐらいだったのかも…

今やサプリメントの種類が増えすぎて、もう、お腹いっぱいですやん。

そういえば我が家に初めてカラーテレビがやって来た時、最初に見たのが「巨人の星」でした。
あの、画面の割に大きな家具調テレビですわ…

投稿: おばちゃん | 2017年8月26日 (土) 22時33分

●mitaさま
「オロナミンC飲むとね、メガネが落ちるんですよ」って記憶してましたが…違うみたいでmitaさんもちと違う。正解は“おいしいとメガネが落ちるんですよ!”やとか。
あの頃は“巨人の星”のスポンサーしつつも大村崑さんやら浪花千栄子さんと関西芸人を起用してはったんやなぁと思い今を思うと…さみしいなりますね。

●おばちゃんさま
過食飽食あれこれ言われている時代にサプリが盛んって何や妙ですよね。とか言いつつ毎朝食べてますけど。
家具調テレビ…私が思い出すのは大河ドラマ。あれを見ていた(眺めていた)ら、「こんなとこでは鳴らしても売れんやろ」な、うちの目の前で屋台とめてチャルメラ吹いてずっとそのまま…ってシーン。怖かったぁ。ほれ「子取りが来たで」って言われましたやん。その思い出が強烈すぎて…いまだ大河はさっぱり見ません。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2017年8月28日 (月) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/65676736

この記事へのトラックバック一覧です: たばこ屋の隅でセンター大村崑:

« 午前6時27分の空と光と太平洋と。 | トップページ | トタンヤのブリキヤ »