« 連絡:コメンテーターの名前、追加しました。 | トップページ | 一斗缶11本、錆びてへしゃげてたそがれて。 »

2017年8月 7日 (月)

琺瑯タンクの余生 35 ● 香川県高松市塩江町上西乙582あたり

 垂直に立ってないというのは、なんとも収まりの悪いことで。
Horo35a Horo35b  石垣の上にどんと2本…な割に共に左倒れで安定感に欠きます。おまけにこれも先の物件同様錆びサビで、全体的に存在感はあるも、やはりどこか気色悪い雰囲気を醸し出しています。
 これは放置されているのか使われているのかもひとつわかりませんでした。ほん近くに牧場がありましたので、そこが何かに使われているのかもしれません…と思いましたが、2012年のストリートビューを見るとそこには何も写っていません。と言うことは錆びた状態のものをここに運んだと考えられますので、やっぱりこれも、ただ放置されている様に思われますが…

(於:香川県高松市) なんかさみしいふたり連れ。

保存

保存

|

« 連絡:コメンテーターの名前、追加しました。 | トップページ | 一斗缶11本、錆びてへしゃげてたそがれて。 »

琺瑯タンク」カテゴリの記事

コメント

♪信条に左傾右傾もないままに
 暮しが立てばそれで良しとす

ほう、老化のカップルですねえ。
 

投稿: mita | 2017年8月 8日 (火) 07時48分

●mitaさま
あぁこれでそれぞれが別々の方向に倒れている図やったら、もっと妙でよかったんやろなぁ…って、ありえんことですけど。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2017年8月11日 (金) 10時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/65632899

この記事へのトラックバック一覧です: 琺瑯タンクの余生 35 ● 香川県高松市塩江町上西乙582あたり:

« 連絡:コメンテーターの名前、追加しました。 | トップページ | 一斗缶11本、錆びてへしゃげてたそがれて。 »