« 8月4日19時06分、高松の夕景。 | トップページ | 連絡:コメンテーターの名前、追加しました。 »

2017年8月 6日 (日)

琺瑯タンクの余生 34 ● 香川県高松市塩江町上西乙1339あたり

 都心離れて旅ゆけば、必ず(?)見かける琺瑯タンク。今回は草に埋もれた状態で発見。
Horo34a Horo34b Horo34c Horo34d
 塗装もすっかり剥げ落ち痛々しいまでに赤茶けた状態で密閉型と開放型一本ずつ道端に置かれていました。写真では新緑とのコントラストが綺麗とも言えますが、実際にはちょっと気持ち悪い感じ。開放型は真っ逆さまに、密閉型には蓋が閉じられた状態…なんぞ怪しいモンでもここに隠されているのではないかと考えるとなおのことあんまり近寄りたくない物件でした。
 さてどこの蔵元で使われていたものなのか…香川県にはなんともう6社(7社かもしれません)しか造り酒屋が残っていないという状況。1995年の資料では19社20蔵が操業、高松市内にも6社あったのに今はゼロ…瀬戸内に大橋架かって本州から諸々物資流入でお酒もしかりかな。それを思うと…交通の便がよくなることはええことだけでもないんですなぁとしみじみ。もうこれ以上蔵元数が減りません様に。

(於:香川県高松市) 旅先で呑んだのは“綾菊”。美味しかったから買いに行ったら閉まってた。

保存

保存

保存

保存

保存

|

« 8月4日19時06分、高松の夕景。 | トップページ | 連絡:コメンテーターの名前、追加しました。 »

琺瑯タンク」カテゴリの記事

コメント

♪夏草や放浪もせず身は錆て

投稿: mita | 2017年8月 7日 (月) 14時42分

●mitaさま
琺瑯剥げて赤茶けて補色の緑と競う合う夏

投稿: 山本龍造 | 2017年8月11日 (金) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/65629164

この記事へのトラックバック一覧です: 琺瑯タンクの余生 34 ● 香川県高松市塩江町上西乙1339あたり:

« 8月4日19時06分、高松の夕景。 | トップページ | 連絡:コメンテーターの名前、追加しました。 »