« 琺瑯タンクの余生 35 ● 香川県高松市塩江町上西乙582あたり | トップページ | 旭ぶっかけポンズ »

2017年8月 8日 (火)

一斗缶11本、錆びてへしゃげてたそがれて。

 京都からクルマに乗せてもらい三重県は伊賀で仕事。帰りは「大阪まで送ります」と強く言われるもあまりに怖い運転(=技術的には上級なんでしょうけど…“公道ではアカンやん”な運転)で「奈良まででええです」と固辞。JR奈良駅前で降りてそこにある地図見て近鉄の奈良駅向かうもなんやちゃうなぁな感じ。ふと見ると地上に近鉄走ってますやん。どうやら地図を180度読み間違った様で。その後も何度も間違って結局1時間近く彷徨うことに。まぁえぇか。
18x11a 18x11b
 黄昏時、ふと見た元ほかほか弁当屋の横の一斗缶が気になって1枚2枚。歪んだレンガにダクト、どこかひ弱な木もええ感じ。そうか、ここに導かれて迷いに迷ったんですな。うん…ってまぁ、そう思わなやってられまへんわ。

(於:奈良市) 近鉄奈良着けば改札口間違い駅ナカ立ち呑みにも寄れず…はぁ。

保存

保存

|

« 琺瑯タンクの余生 35 ● 香川県高松市塩江町上西乙582あたり | トップページ | 旭ぶっかけポンズ »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/65642184

この記事へのトラックバック一覧です: 一斗缶11本、錆びてへしゃげてたそがれて。:

« 琺瑯タンクの余生 35 ● 香川県高松市塩江町上西乙582あたり | トップページ | 旭ぶっかけポンズ »