« を は (ー ー;)  | トップページ | 何げないガード下の昼下がり »

2017年6月22日 (木)

天王寺駅中央口の支柱、奥は阿倍野橋の下。

 仕事帰りの昼下がり、天王寺駅のホームに降り立ちふと見た駅舎の下…カッコいい!
Tennoji
 見慣れた光景がこないに印象深い景色やったとは全然今日まで気づきませんでした。ここにもやっぱり“旧国鉄”な重厚さ…の様なそれはこじつけの様な。
 奥から光差して…これがまたドラマッチックに見える要素でしょうか。思えばそこは“阿倍野橋”出たところ。JR線をまたぐ橋ゆえか、普段全然意識してませんよね、橋って。おまけに“アベノ橋と言えばハルカスの近鉄あたり”と思ってる訳で…なんか妙な感じ。阿倍野橋が天王寺区にあって、阪堺電車の“天王寺駅前”電停、“天王寺都ホテル”が阿倍野区にある…なんやややこしいことですな。

(於:天王寺区) 阿倍野区にある新宿ごちそうビルの“新宿”は…

※関連記事:
JR神戸駅の橋梁』 2017年6月 記
JR三ノ宮駅の橋梁』 2015年5月 記

保存

|

« を は (ー ー;)  | トップページ | 何げないガード下の昼下がり »

写真」カテゴリの記事

大阪市中部」カテゴリの記事

建造物」カテゴリの記事

コメント

山本さま今日は!なっきです。
JR天王寺駅と近鉄阿部野橋駅は横断歩道一つでつながってますネ。バファローズのかつての本拠地だった藤井寺球場も南大阪線なので阿部野橋から乗るんです。
ハルカスが出来て、なんばよりまた南側が注目を集め大阪の観光に選択肢が増えました!

投稿: なっき | 2017年6月24日 (土) 11時54分

ちょっと前、いや、もう考えてみたら大分前なんですが、関西線の湊町行のホームから南海天王寺支線の打ち捨てられたホームが見えていて、昔の南海電車の駅にあったベンチや張り紙がそのまま残っていて、私にとってはお気に入りの景色だったんです。でも、いつの間にかそれがなくなってしまいましたね。
気が付けば、天下茶屋の高架から見える平野線の線路もなくなり、ついでに阪和線の貨物船路もなくなってしまっていました。
天王寺の駅のあの下には、実はいろんな歴史があって、この駅舎の下はいろんなものを見てきたんだなあって、この写真を見て思ってしまいました。

投稿: 天王寺蕪 | 2017年6月25日 (日) 21時29分

●なっきさま
お久しぶりですなっきさん。やというのに返信激遅ですんません。
藤井寺球場のすっかり学校に姿を変え…あの球場の球場でイチローさんを見たのが懐かしい、かつ、ちょっと自慢思い出です。

●天王寺蕪さま
あ〜そうでしたか。しばらくほったらかされてたんですね。で、まだほったらかされているのが“南海そば”…ってこっちは営業されているわけでちょっと違いますが。
MiOのビル、今でもその土地のいち部分は南海所有というのも不思議な感じがします。
阪和貨物線の廃止は…なんかもったいない気がします。城東貨物線が“おおさか東線”になった流れで、杉本町まで旅客線として整備するのかと思ってましたのでね。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2017年7月13日 (木) 09時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/65445247

この記事へのトラックバック一覧です: 天王寺駅中央口の支柱、奥は阿倍野橋の下。:

« を は (ー ー;)  | トップページ | 何げないガード下の昼下がり »