« 電線鋼材、縦横無尽。 | トップページ | 防火水槽 188 ■ 羽曳野市恵我之荘1-2 »

2017年6月15日 (木)

歳かさね、額縁の中でアートと化す。

 忠岡町へ仕事。人影まばらな旧村を行きますれば、いかにもなモンがカメレオン状態。
Kimoshita1 Kimoshita2
 味わいある額縁の中で文字が立体化。看板の様な貼り紙の様な…一瞬なんて書いてあるのかわかりませんでしたが、これ“きもの仕立ます”ですな。
 年季の入り様を見る限り永年仕立屋をされているのでしょうからまかせて安心…って、もうやってはれへんかもしれませんが。

(於:忠岡町) 漆喰壁に積もるホコリもええ感じ。

保存

保存

|

« 電線鋼材、縦横無尽。 | トップページ | 防火水槽 188 ■ 羽曳野市恵我之荘1-2 »

泉州・堺」カテゴリの記事

看板」カテゴリの記事

貼り紙」カテゴリの記事

コメント

毀たれて、裸婦のような魚のような.

投稿: mita | 2017年6月17日 (土) 09時16分

●mitaさま
確かに斜めから見るとサカナっぽい…かも。

投稿: 山本龍造 | 2017年6月27日 (火) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/65417458

この記事へのトラックバック一覧です: 歳かさね、額縁の中でアートと化す。:

« 電線鋼材、縦横無尽。 | トップページ | 防火水槽 188 ■ 羽曳野市恵我之荘1-2 »