« 防火水槽 189 ■ 東大阪市高井田20 | トップページ | H型煙突に臭気筒…昭和な長屋裏の光景。 »

2017年6月27日 (火)

あるべきところに“衝破除”

 羽曳野市某所で仕事。近鉄は古市駅で降りて…もうこの辺は何度も探索したしなぁと期待せずに路地行きますと、先はドンツキ。
Shouhayoke3 Shouhayoke4 Shouhayoke5  電信柱とガスメーターに挟まれちっさな石柱がひとつ。「あ、あれや」と近寄りますればやっぱりあれ、“衝破除”。今までに何度も記事化していますのでさらっとおさらいしておきますと、この手の字路には、怨念なんかが溜まりやすいので、それを取り除くためにこの様な石を置いているのやそうで、南河内の風習みたいですが沖縄の石敢當ほどそこかしこにあるわけでないところが、何ともくすぐるんですな、マニア心を。
 てな訳でやっぱりこれも載せておこうということで。で、このドンツキを左に行くと、以前“衝破”を見つけた場所に出ました。が、ですわ。その角のお宅が取り壊され“衝破”もなくなっていました。そこは“Pana Home”と記された柵で覆われた空き地…再び家が建ったとき、復活することを願わずにはおれません。

(於:羽曳野市) はじめて“衝破除”を見た造り酒屋は廃業するも、まだ蔵は残っていて…ホッとした。

※関連記事:
“衝破徐”の向かいにやっぱり“衝破除”』 2014年12月 記
“衝破除”…違う、“衝破徐”や。』 2014年8月 記
久々に『衝破除』発見。藤井寺の酒屋さん横で』 2012年6月 記
『衝破除』の石碑、見〜つけた。』 2010年3月 記

保存

保存

保存

保存

|

« 防火水槽 189 ■ 東大阪市高井田20 | トップページ | H型煙突に臭気筒…昭和な長屋裏の光景。 »

小発見」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

コメント

衝破除!
何年前になるでしょう、
白鳥稜から峯ヶ塚古墳へ行こうとして、発見、
「何これ?」とネット検索したのが、
「アホげ」とのご縁の始まり!

白鳥稜北側、細い道に沿って、
軽里北交差点へ抜けたのですが、
5ヶ所くらいはあったでしょうか。
アスファルトに埋もれていたもの、
敷地の角々に3・4基あったおうちも。

歴史の古層を肌で感じたような気がしたものです。
消えてしまったもの、消え去りつつあるもの。
民俗学も面白そう、と思ったり。

「衝破除」あまり資料情報がないのが、残念。
ここ、また、見に行きます~

投稿: mita | 2017年6月28日 (水) 09時32分

●mitaさま
mitaさんが最初に見つけはった衝破除って、きっと私が最初に見たのと一緒やないかと思います。オキナ酒造の酒蔵まわりにいくつも置かれている、あれのことかと。
あの衝破除が縁でこうやって遊びに来てくれはるやなんて…何ともうれしいなぁって思います。
酒蔵が廃業しはってすっかり行かん様になりましたが、先日近くを通りましたら酒蔵はまだ健在。なんとなくホッとしました。また見に行ってください。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2017年7月13日 (木) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/65465941

この記事へのトラックバック一覧です: あるべきところに“衝破除”:

« 防火水槽 189 ■ 東大阪市高井田20 | トップページ | H型煙突に臭気筒…昭和な長屋裏の光景。 »