« 極小草原の涼しげエアコン室外機 | トップページ | 門真市宮野町の文化住宅午前9時57分。 »

2017年5月28日 (日)

ど根性いちご

 歩道の隅、コンクリの隙間から生える草に赤い実が。
15a 15d 15b 15c
 何とカワイイ実やことと近寄りますればこれ、イチゴの実。まわり見るとプランターいっぱいでしたから、そこからタネがやってきたものと思われますけど、よくもまぁそんな隙間に根を生やして実までつけたもんですな。
 とは言え極小粒。そもそもそういう品種なのかほったらかしではこの程度にしかならんのか。赤くてかわいい…どうせやったら食べてみるべきやったなぁと反省。酸っぱそうと思うも、案外味が凝縮されて美味いかもしれんなぁと。

(於:旭区) 近くでトマトもど根性状態。

|

« 極小草原の涼しげエアコン室外機 | トップページ | 門真市宮野町の文化住宅午前9時57分。 »

大阪市北部」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

「ワイルド ストロベリー」その名に恥じず。

投稿: mita | 2017年5月30日 (火) 22時36分

へー、こぼれ種でこんなに大きくなるんですね。

そうなんですよ、苺って、お店で売ってるのはあんなに大きくて形もきれいですけど、家庭で作るとこんな感じのちっちゃい実になるんですよね。でも、味は、特に甘味が凝縮されてほんまに「あま~い!」んです。

ど根性と言うより、可愛らしい苺ちゃん🍓

投稿: 天王寺蕪 | 2017年6月 1日 (木) 16時17分

mita様のおっしゃるとおり、これはいっとき“この鉢植えをもらうと結婚できる”とかいうて流行った、ワイルドストロベリーですね。

ちなみに苺は種ではなくランナーという蔓が出て、その先から株が増えていきます。
子どもが小さい頃、苺が好きだったのでプランターに植えてやったら、増えて増えてベランダが苺だらけになりました。
きっとこれも鉢植えから蔓を伸ばして、ここに根を下ろしたんですね。根性あるわ(笑)

投稿: おばちゃん | 2017年6月 2日 (金) 15時19分

●mitaさま
てな名のヤツですか。確かにその名通り。

●天王寺蕪さま
先日もこの前通りますとまだ実が付いてましたので「食べよ」と摘んだものの「犬猫のションベン付いてるかも」とカバンにしまったまま忘れていま見るも…どこに行ったのか。不思議やなぁどこ行ったんか。

●おばちゃんさま
ツタで繁茂する…わぁそのうちここのお宅イチゴまみれか…って、トマトもど根性状態になってましたけど、どっちが勝つかな。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2017年6月13日 (火) 17時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/65342293

この記事へのトラックバック一覧です: ど根性いちご:

« 極小草原の涼しげエアコン室外機 | トップページ | 門真市宮野町の文化住宅午前9時57分。 »