« 家庭の日はきけん | トップページ | めくれ上がったツタの絨毯 »

2017年5月22日 (月)

ドラマチッククスノキ、上四の。

 ビル建ち並ぶ上町筋にひときわまばゆい木が一本。
Ue4ki1 Ue4ki2
 ビルの隙間の夕陽が木だけを照らし出す…かっこよろしなぁ。しかも新緑ですからそらもう見てるこっちまで元気になるって感じ。絶妙の太陽の位置、そこに若葉のまん丸クスノキ…初夏の夕刻限定、生命力あふれる光景。

(於:中央区) 道路拡張でも残してもらわんとな。

|

« 家庭の日はきけん | トップページ | めくれ上がったツタの絨毯 »

大阪市中部」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

楠木、いいですね。しめ縄を胴体に巻いてたり、祠があったりして、道路の拡張やらなんやらの時に「わし、どかすんかい。ばち当たっても知らんで」と、街を守ってくれてるような気がします。

投稿: 天王寺蕪 | 2017年5月24日 (水) 08時41分

四天王寺さんのお彼岸、日想観みたいですね。

投稿: mita | 2017年5月24日 (水) 12時17分

この木は何歳かなぁ…?

日本人は昔から、巨木をご神体としてまつってきましたよね。こんな姿は有り難かっただろうな。

投稿: おばちゃん | 2017年5月25日 (木) 09時27分

●天王寺蕪さま
どこにでも生えてるという意味では有り難みに欠ける気もしますがなんのなんの、おっしゃるとおりあちこちで御神木としてみなご立派に歩んでおられますわ。樹齢何百年、こっち100年行くかいかんか。有り難や。

●mitaさま
あ、そういうことですね。こっちはちとマイナーですけど。

●おばちゃんさま
そうですね、こういう姿を有り難いと思う気持ちを忘れん様に日々送らんと。感謝感謝。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2017年5月30日 (火) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/65317521

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマチッククスノキ、上四の。:

« 家庭の日はきけん | トップページ | めくれ上がったツタの絨毯 »