« 昭和なプラ看板 146 ● サッポロびん生 | トップページ | 6月1日に思う。 2017 »

2017年5月31日 (水)

芦水

 地元民には「あ、あれな」程度のモンかもしれませんが。
Ashimizu1 Ashimizu2  芦屋某所で仕事。阪神芦屋駅で電車降りて海の方へ行きますれば“駐車おことわり”な看板に“芦水”の文字。割烹か何かのお店の看板かと思うもそれらしき店舗もなくあるのは蛇口とコイン投入口…天然水の販売所の様ですがその“芦水”の説明も成分も価格も何にも記されておらずで知った人か選ばれた人しか手に入れることができない“秘密の水”の様です。
 帰宅後調べましたがもひとつわからんまま。ストリートビューで過去を見ると、どうやら数年前に小屋の建て替えがあった様で、そこには

  六甲山系 芦屋川の伏流水
  芦  水
  まろやかな水 ミネラルも豊か
  6ヶ月以上 自然濾過された 六甲の水
  夏冬16℃の宮水に近い天然水

と記された看板が写っていました。あと“年中無休”とか“芦水は硬水です”とも書いてあり、ネットで知る限り、昔は無料やったものの今は“25Lで100円”で提供されているみたいです。なんと良心的な…というより、慈善事業みたいなもんですかね。
 しかしまぁこんな閑静な住宅街の一角で銘水が提供されているとはちょっと不思議な感じ。あの大震災のときにはこの水が多くの人を助けたのかもしれません…っていつからあるのかはわかりませんでしたが。

『 芦 水 』 芦屋市浜芦屋町1

(於:兵庫県芦屋市) “芦水”と記された台車も完備…親切やなぁ。

保存

|

« 昭和なプラ看板 146 ● サッポロびん生 | トップページ | 6月1日に思う。 2017 »

小発見」カテゴリの記事

摂津(大阪市外)」カテゴリの記事

コメント

どう読むのでしょう?
あしみず?
ろすい?

「あ、清水」に一票。

投稿: mita | 2017年6月 1日 (木) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/65355146

この記事へのトラックバック一覧です: 芦水:

« 昭和なプラ看板 146 ● サッポロびん生 | トップページ | 6月1日に思う。 2017 »