« “青少年の不良化 防止は家庭から” | トップページ | 3月11日 »

2017年3月10日 (金)

有料道路、先は砂利道。

 松原市某所(陸の孤島?)での先日の仕事、帰りはバスで。田畑の中を三宅中バス停に向かいますれば、途中に有料道路がありました。
Yuryoudoro
 有料の割に料金所もなくしかも未舗装、通行料金も示されてません。先へ行きたいのにどうしたらええんかいな…とか何とか。
 まぁどうせやったら野菜の無人販売所よろしく海苔の缶で作った料金箱でも置いておいたらええのに。それなりの小遣い稼ぎになる様に思うんですけど…って、甘いっすか。

(於:松原市) “有料道路につき”と“一般の方の通行御遠慮…”整合性ないんちゃう?

※関連記事:
“できるだけ”…そやなぁ。』 2017年2月 記

保存

保存

保存

保存

|

« “青少年の不良化 防止は家庭から” | トップページ | 3月11日 »

大阪市南部」カテゴリの記事

小発見」カテゴリの記事

コメント

ここを通るには、
一休さんのようなトンチを要求されますね~
こんなのどうですか、

「有料なんですか、道路日記、なら要りませんわ、
あ、一股じゃないです、二股の者です」とか言って
大股と大手ひろげて、草地は跨いで、
ジャリジャリのとこ、通りましょう、
って、無理やり~

畑の中の人影は、カカシですか?

投稿: mita | 2017年3月10日 (金) 23時12分

以前、知り合いの土地持ちの方が「家からよその土地を通らんと市役所に行ける」と豪語しておられました。まあ、道は府道やら市道やらと思うんですが(それも、府や市に貸してるだけ?)

ほんまですね、有料道路と一般人お断りは整合性ないですねえ。まあ、このあぜ道の所有者の方が、勝手に一般人がしょっちゅう通ってるからなんか腹立ってきてこんなん書かはったんでしょうね。

投稿: 天王寺蕪 | 2017年3月13日 (月) 06時39分

13年前にブラジルへ行ったときに現地の日系の人から聞いた話です。
何しろ広大な大地、そこに太い道路を通していますから、政府や自治体も細かいところまで目が行き届かない訳です。
どこぞの人が勝手に料金所こしらえて、通行料金とっていたとか。通る人たちも何の疑問も持たずに長い間払っていたとか。ずいぶん経ってから検挙されたそうですけどね。
いかにもブラジルっていう話でした。

投稿: ぽんぽこやま | 2017年3月17日 (金) 21時12分

●mitaさま
う〜ん、この看板の持つ雰囲気からは、トンチ効かせても全然わかってもらえん様に思いますけど。
で、背景に映るは“かかし”です。

●天王寺蕪さま
そもそも土地を所有するというのが変やなぁと思っています。生産物でもないわけで、みんなものんちゃいますか…と言っても仕方ないことですけど。

●ぽんぽこやまさま
ぽんさんコメント欄ではお久しぶりですね。
で、そらまぁなんとけったいな話で。自分の生活圏の常識が世界でも通じると思ったら大違いですね。みんながそこに気がつけば、もうちょい争いごとも減るんでしょうけど。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2017年3月24日 (金) 09時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/64996303

この記事へのトラックバック一覧です: 有料道路、先は砂利道。:

« “青少年の不良化 防止は家庭から” | トップページ | 3月11日 »