« 超昔ながらな散髪屋さん | トップページ | 雨どいの排水口あたりだけコケむせてる図 »

2017年2月 4日 (土)

昭和なプラ看板 138 ● お好み焼 お茶漬

 このシリーズにはちょっと異質やと思いつつも…
Ochazuke1 Ochazuke2
 そこには商品名も屋号も記されず、ただただメニューのみ“お好み焼 お茶漬”。
 “お好み焼”はわかるも“お茶漬”ってのが…ね。都島の方でも一度“お茶漬”と記されたお店を見たことがありますけど、そうなんかって感じがします。
 お茶漬がメインデッシュ(?)な時代があったということなのか、何ぞスペシャルなトッピングで勝負してはるのか…どうももう廃業されている風情ですので確認のしようもありませんがまぁ、時代的なもんなんでしょうね。そう言えば私自身もここ数年、いや数十年とお茶漬を食べる習慣から遠のいてますなぁ。食卓のオカズが豊富で漬物までたどり着かん…贅沢なことで。

(於:堺市北区) それでもまぁ永谷園のお茶漬け海苔は時々食べたなるか。

|

« 超昔ながらな散髪屋さん | トップページ | 雨どいの排水口あたりだけコケむせてる図 »

プラ看板」カテゴリの記事

泉州・堺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/64853259

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和なプラ看板 138 ● お好み焼 お茶漬:

« 超昔ながらな散髪屋さん | トップページ | 雨どいの排水口あたりだけコケむせてる図 »