« “筒井レンコン” | トップページ | 北翔海莉 1st Christmas Dinner Show »

2016年12月18日 (日)

自分が楽しんでこそひとに伝わるということ再確認の日

Xmas2016  今日は某所のクリスマス発表会。以前も記事化しましたが…って2010年のことですからそらもうかなり前。今年より演じ手のお子の名前発表なし。撮影も「知らんお子の撮影はご遠慮ください」…6年経って、世の中ますますめんどくさいことになってるってことですなぁ。
 ま、そんなことはさておき、毎年訪れるこの演芸会(?)ですが、何かね、いつも原点に戻ることを教えられるひとときで。何がってその、ニコニコで楽しそうに演じてるお子たちを見ると「そや、自分が堂々楽しんでこそひとに伝わるんや」という、当たり前っちゅや当たり前なその事実をついつい一年経ったら忘れている訳で、それを今日も思い起こさせてもろた訳です。
 中学生揃っての楽器演奏+パフォーマンス。で、お子は…と見ますと、いちばん奥の列。しかも手前のベースギターのネックにモロ顔が隠れて…かなんなぁ。お子は…どっちかと言うまでもなくテレ症の上がり症。きっと「隠れてこれで気恥ずかしいないわ」と思ってることでしょう。てなこと思ってましたら終わってから「ベースに隠れるから必死に顔出しててんで!」と。
 友好的に話するお子に「…わぁ、成長したわぁ」と。そうかそうか、わしらに見てもらおと頑張ってくれたんや。まぁなんとかわいいことか。気恥ずかしさ先行でややおどおどしていた昨年までとは違ってニコニコ顔…お子が大人になっていくのを実感させてもろて感謝感謝。
 さ、今日お子たちに教えられ、きづかせててもろたこと大切にまた一年間楽しく生きて行くとするか。ええ一日やったぁ、おおきに。

(於:某所) 照れてる方が逆にカッコ悪いってことやねんなぁ。

※関連記事:
お子たちの発表会…おもろいわぁ。』 2010年12月 記

保存

保存

|

« “筒井レンコン” | トップページ | 北翔海莉 1st Christmas Dinner Show »

思ったこと」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

うんうん、そうですよね。
運動会に発表会、子どもが明るく頑張る姿は嬉しく有り難いものです。

中学の運動会に行った時、近所の子まで駆け寄って挨拶してくれた時、もう可愛くてたまりませんでした。
「おばちゃんがどんなに嬉しいか、あんたらがおばちゃんにならな分かれへんと思うわ~ありがとうな~」と言うたら笑ってましたが。

投稿: おばちゃん | 2016年12月20日 (火) 09時07分

●おばちゃんさま
はは、そんな感じ、かな。普通は大人になって子供見たら概ねかわいいと思うもんやと思うんですけどね。とかエラソーに言ってますけど、まだまだ子供やなぁとも言えます。すんません。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2016年12月25日 (日) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/64643379

この記事へのトラックバック一覧です: 自分が楽しんでこそひとに伝わるということ再確認の日:

« “筒井レンコン” | トップページ | 北翔海莉 1st Christmas Dinner Show »