« アメリカフウってアメリカ風? 否々 | トップページ | 和泉中央晩秋の朝、二景。 »

2016年11月20日 (日)

星組 東京宝塚劇場公演千秋楽“北翔海莉ラストデイ”ライブ中継

 「別にもうええか」と思いつつも「買えたし、行こか」と梅田の東宝シネマへ。
Hkld  この手の中継ってまぁはじめて行ってみたんですけど、何やね、もう全然「しょせん二次元やなぁ」な感じ。当たり前ですけど舞台全体を見て感じてこそ鑑賞なわけで…なんとも疲れました。
 画像を制作してはる人たちの気持ちはわかるも「そんなアップ要らんねん」って感じ。家のモニタで見るわけやないんですから、大写しは…ね。ほれ、宝塚歌劇のポスターって、ちょっと気が引けますやん。キワモノ的要素が出すぎて…なんて書くと怒られるかな。ま、そんな感じをこの中継でも感じたわけです。
 あと、スポーツ観戦のそれとは違い、全然拍手とかせえへんのですね、あの静けさも…どうなんかな。
 ま、それでも退団の挨拶とかその辺の中継は見る価値あった訳で4人の退団者の挨拶それぞれ見て「やっぱり(男役)トップの挨拶は別格やな」と思った次第。ちゃんと練られた言葉も、アドリブも風格に満ちていて…宝塚劇場の挨拶は“通過点”で、東京宝塚劇場の方が“最後の最後”って感じ。じつに吹っ切れた清々しさがありました。やっぱりね、タカラヅカは宝塚が本拠地。ですからこっちでホンマの千秋楽を迎える様に、東京公演から先にやったらどないやねんと思いますわ。
 てなわけでもうしばらく記す予定がなかったヅカネタ再び、でした。

大劇場公演とは髪型とか違ってたりするんやなという発見もあったけど。

※関連記事:
星組 北翔海莉さん退団公演“桜華に舞え/ロマンス!!”・千秋楽』 2016年10月 記

|

« アメリカフウってアメリカ風? 否々 | トップページ | 和泉中央晩秋の朝、二景。 »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

お約束のように、宝塚ネタでコメさせて頂きます(笑)

そうですね、東京より、宝塚をほんまのほんまの最後にしてもらいたいと言うのは、昔っから思ってました。なんでなんでしょうね?やはり、最後の最後は、本拠地で迎えてほしいなあと思います。

ところで、北翔さんって、最近知ったんですが、大型特殊免許やら、色々免許を持ってはるんですね。夢は、自分でトラック運転して地方巡業することだとか・・・
そのあたり、やはり剣幸さんなんかと同種の香りがして、ええなあと、改めて思いました。

投稿: 天王寺蕪 | 2016年11月22日 (火) 21時38分

●天王寺蕪さま
正味の話、資格やら免許取るのが趣味ってのは全然興味なくて…というか、どっちかというと「…」と思っていたんですけど、北翔さんを見ていると、ちょっと考え改めんとアカンのかなと思ったり。
ま、資格云々より何事にも「ムリ!」と思わず挑戦し続けるその姿勢こそ、学ばせてもらわなアカンなと思います。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2016年11月28日 (月) 09時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/64522821

この記事へのトラックバック一覧です: 星組 東京宝塚劇場公演千秋楽“北翔海莉ラストデイ”ライブ中継:

« アメリカフウってアメリカ風? 否々 | トップページ | 和泉中央晩秋の朝、二景。 »