« 俊徳道の 緑のトンネル 涼やかや | トップページ | “低利分割払秘密厳守即決…お気軽に”と、寝そべり電話とるトラ。 »

2016年9月 9日 (金)

残るは3台…守口市駅前にて三吉軒の中華そば食す。

 うちのひとおらん7月初旬のある夜、「今日しかないで」と、京阪は守口市駅前へ。
3kichiken1
 地下鉄谷町線、守口駅から5分ほど歩きますればほんのりと灯る赤提灯の屋台。「あっ、居てるいてる」。計画なし、出たとこ勝負のアホげですが今回は、何人かから「守口市駅前に出てまっせ」と聞いていたので来てみた次第。先客数人が腰かけてすすっている様子に期待が高まります。
 「中華そば一杯ください」に「はいょ」。「写真撮らせてもろてよろしいですか?」に、「ええょ、みな珍しいかして撮っていかはるわ。ネットにな、よーさん写真出てるで」と。やっぱり。
3kichiken2 3kichiken3
 寸胴のフタ開けて麺茹でて…慣れた手つきで一杯の中華そばを作っていかはります。ただ残念なのは、夏ゆえ、湯気が上がらんこと。あの湯気が夜空に消えていく感じがそらもう…ね。
 待ってる間、写真撮ったり喋ったり。「えらいよーさん撮んねんなぁ」。
3kichiken4 3kichiken5
 むかしガラス瓶、いま二次利用っぽいPETボトル…入れもんこそ変われど三吉軒伝統の特製タレ、そして白い粉を鶏ガラ(?)スープで割って麺、チャーシュー、なると、もやし、ニヌキ、ネギ、コショー少々、それから割り箸割って鉢に乗せて…出来上がり。発泡スチロールの鉢で供されること多い昨今、ここのはちゃんと瀬戸もんのでっせ…と思いきや、メラミン樹脂製。ちょっとがっかり。一杯500円也。水銀灯やら信号やら色んな色が混じってなかなか本来の色合いが再現できませんでしたが、淡い色合いの醤油味。その味は…あぁ昔のまんま。胸焼けとは無縁なその質素な味わいに幼少期をはじめ、数年おきに食した屋台の中華そばでの記憶が蘇ってきます。
 三吉軒…その昔は河内を中心とした大阪府下あちこちで見かけたもんですが、近年トンと見なくなりました。訊けば「そや、もうこれ入れて3台だけやからなぁ。あとは東大阪で2台やってるわ」とのこと。昔は守口だけでもクルマ入れて10台、府下で100台ほどでチャルメラ鳴らしていたということですから…もう、風前の灯火状態。詳しくはわかりませんでしたが何か親方が引退しはったとかで、少なくなったみたいな話もしてはりましたが「そら、儲からんからや」。
 コンビニ普及で24時間なんでも買えるこの時代を思えば、屋台が如何に貴重な存在であるか…てなこと思いつつ「チャルメラは吹きませんの?」に、「うん、ここでは吹かん。いろいろうるさいねん」と。どうやら路上で商売しにくい時代になってしもて、チャルメラ鳴らすとややこしいみたいです。ただ、行き帰りの流しではチャルメラを吹くとのこと。テープ録音の再生してるんやないとは、これまた聞いてみたいもんですなぁ。
3kichiken7 3kichiken6
 提灯改めて見ると“中華そば”の裏に“ラーメン”…なんか、違う気がしますなぁ。
 あれこれ訊きたいこといっぱいあってずっと話させてもらいました。そのひとつが屋号“かわちや”のこと。幼少期よく見たその暖簾があるとき“三吉軒”に変わってたこと話すと「それはたぶん製麺所の名前やわ。元々三吉軒は製麺所…」長年の謎が解けました。ちなみにその屋台基地は八尾市東部にあり、“かわちや”→“三吉軒”→“大阪屋”と屋号を変えたあと、40年以上前になくなりました。八尾市西部にも“かわちや”がありましたが、そこは“かわちや”→“三吉軒”→“錦龍”→“ラーメン大阪”と変わり、10年ほど前までは見かけましたが、もう…見ません(羽曳野は古市駅前で“錦龍”を食したことあり…15年ほど前)。屋号は変われど、たいがいの暖簾に“大阪麺業組合”の文字が記されていました。余談ですが“赤川 三吉軒”という暖簾も“東来軒 赤川”という暖簾も見ますが、きっと同じ旭区は赤川鉄橋たもとに本部のあるグループやと思います。
 てなわけで皆さん、三吉軒の中華そばを味わえるのは今のうちかもしれません。ここと、東大阪は高井田あたりの2台、見かけますればぜひ一杯ズルズルっと。

(於:守口市) しかしながら…マニアやなぁ。

※関連記事:
赤川鉄橋たもとの屋台基地』 2013年7月 記
高槻市駅近くで屋台の中華そばを…『東来軒 赤川』。 』 2011年12月 記
春が来る前に、寒空似合う夜鳴きそばの様子でも。』 2010年2月 記
屋台の基地は文化住宅の前やった。』 2009年12月 記
中華そば『三吉軒』の屋台見つけ、幼少期を思う。』 2009年10月 記
屋台中華そばの『大統領』テレビに出てはった。』 2009年8月 記
あの屋台のじいさんは徳島出身やったんか…』
2008年2月 記

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

|

« 俊徳道の 緑のトンネル 涼やかや | トップページ | “低利分割払秘密厳守即決…お気軽に”と、寝そべり電話とるトラ。 »

懐かし…」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

食べ物/飲み物」カテゴリの記事

コメント

屋台のラーメン食べたことないんですが、子どもの頃チャルメラ聞くと食べたかったなぁ。

これと、ロバのパン屋は母親が許してくれませんでした。

投稿: おばちゃん | 2016年9月16日 (金) 10時44分

昔、私が住んでいた地域では「味は天下の大統領」がよく廻ってきてました。

おばちゃん様。うちの母も屋台のラーメンとロバのパン屋は許してくれませんでした。あと、お祭りの屋台も綿菓子以外は禁止でした。かく言う私も、やはりお祭りの屋台の食べ物はあかんと子供に言うておりますが(笑)

投稿: 天王寺蕪 | 2016年9月16日 (金) 22時17分

天王寺蕪さま
私は悪い母親なので、昔の仇を取るように子どもには色々与えていましたよ(笑)
夜鳴きそばこそありませんが、夜店はもちろん、焼き芋にわらび餅にアイスクリン等々の行商もの?に子どもは弱いので、買ってほしいと言われたら「一回だけやで~」と買いに行かせていました。
目を輝かせて買いに行くんですが、不思議と一回買いに行ったら気が済むのか「もう一回」とは言いませんでしたね。

投稿: おばちゃん | 2016年9月19日 (月) 23時10分

●おばちゃんさま
●天王寺蕪さま
以前の記事に記してあるんですが私も幼少期、夜鳴きそばやらわらび餅は食べさせてもらえませんでした。特に“寒天は培地にするくらいや”と父親が嫌ってましたね。
でもまぁ母親は父不在の夜にひと駅電車乗って連れてってくれましたよ、屋台の中華そばを。そうか…うちの母はおばちゃんさん派ですな。
でもね、私は一回では終わりませんでしたわ。それからことあるごとに屋台中華を食べ続け、今に至ります。上納金がナンボやとか平均何杯売れるかとか…いっぱい訊いたのに…メモしとけばよかったと思うこといっぱい。ま、書かん方がええこともいっぱいですけども。
で、屋台モン、やっぱりヤバイのもありまっせ。私は一回、食あたりになりました。どう考えてもあのチャーシューが傷んどったと。もう20年くらい前の話、川の上を不法占拠してやってたやつでしたが…ついに先日、撤去されてしまいました。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2016年9月21日 (水) 09時11分

ちょこちょこ食べに行ってたのですが最近屋台いません。廃業したのかな?どっか移転したのかな?捜索中です。

投稿: カイ | 2017年6月21日 (水) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/64172626

この記事へのトラックバック一覧です: 残るは3台…守口市駅前にて三吉軒の中華そば食す。:

« 俊徳道の 緑のトンネル 涼やかや | トップページ | “低利分割払秘密厳守即決…お気軽に”と、寝そべり電話とるトラ。 »