« 藪の中のネコついてくる雨の中 | トップページ | かむなびさんの“谷町小茶の湯”へ »

2016年9月30日 (金)

ソース 54 ▲ ドリーム 明石風 お好み焼ソース 甘口

Dream1 Dream2 Dream3  播州へ行けば、“ドリームとんかつソース”の琺瑯看板を時折見かけます。豚のシルエットが可愛いその看板に妙な郷愁を覚えるんですが、今回味わったのは“お好み焼ソース”。屋号の“ドリーム”が小さくしか記されていないところが、もひとつマニア心をくすぐりません。
 ですが、ですよ。レッテル裏手にある説明文、これが泣かせます。“鉄板料理のビッグヒット”に始まり…よろしいなぁ。あってもなくてもええ文ながら、あるとついつい嬉しなる…ええ味わいですこと。世界三大鉄板料理のひとつ、お好み焼用のソースなわけですが、今回も焼きそばにして味わってみました。
Dream4 Dream5  その前にまずはそのままで。見た感じはやや赤めの一般的な濃厚ソースの色合い。香りは…青おりやら鰹節の粉的という感じででしょうか。そして味わいは、うん、粉の鰹節とか昆布的旨味とが野菜果物の深い味わいに乗ってると言った感じでしょうか。あと、煮詰まった様な香ばしさも感じます。
 焼きそばにしたその味わいは…はい、純粋に「おいしいわぁ」と。まぁ、ただただ久々の焼きそばやったのでそう感じたというのも理由のひとつかと思いますが、強い旨味でしっかり味付いて、最後に弱い酸味が余韻に残るといったところでしょうか。
 製造元、木戸食品のサイトを見れば“かつおだしを隠し味に”、“黒蜜を使用し”とあります。あぁなるほど。“鰹節粉”っぽく思ったのが“かつおだし”で、“煮詰まった様な香ばしさ”は“黒蜜”なんですね。そのあたりの特徴が“明石風”なんでしょうか。確かに大阪の地ソースにはない味に思いました。
 木戸食品と言えば、沖縄でA1ソースと同じくらいよく見かけるステーキソースの“No.1ソース”の製造元としても知られるところ。地元より遠く離れた地で、より愛されている…不思議な話です。

名称:濃厚ソース 原材料名:糖類(砂糖、果糖ぶどう糖液糖)、野菜・果実(トマトりんご、デーツたまねぎ、にんじん、その他)、醸造酢、食塩、魚介エキス調味料、酵母エキス、香辛料、増粘剤(加工澱粉)、調味料(アミノ酸等)、甘味料(甘草)、酸味料、 乳化剤、香辛料抽出物、(原材料の一部に小麦、さば、大豆、鶏肉を含む) 製造者:木戸食品 株式会社 兵庫県明石市西新町1丁目17番5号

490ml詰って…なぁ。

保存

|

« 藪の中のネコついてくる雨の中 | トップページ | かむなびさんの“谷町小茶の湯”へ »

ソース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/64276765

この記事へのトラックバック一覧です: ソース 54 ▲ ドリーム 明石風 お好み焼ソース 甘口:

« 藪の中のネコついてくる雨の中 | トップページ | かむなびさんの“谷町小茶の湯”へ »