« 街のパンクな一角 | トップページ | 新興住宅地、車庫だけ完成の分譲地に思う。 »

2016年8月16日 (火)

昭和なプラ看板 130 ● ウエスト ニューフラッシュ

 プラ看板の絵、そのお店の佇まい…たまらんタイムスリップ感にビリビリきました。
Flash1 Flash2 Flash3  河内長野の駅前の、人通り多いとは言えん商店並ぶ街並みに“寫眞”の行灯(?)掲げた写真場を発見。ショーケースなどがナミイタで覆われているので残念ながら既に廃業されている様子です。
 とは言え昭和30年代そのままって感じの店構えが残っているとは何とも奇跡的。軒下にはこれまたたまらん味わいのプラ看板も残っていますわ。
 タマゴ型の電球みたいなヤツの中がパーマっぽくなっててピカッと…あぁ懐かしい図。そうそう、私が幼稚園児くらいのときにはこんなんが親戚宅なんかにあって「何するもんなんやろ?」と使い終わったそれを踏み潰すたりして遊んでましたわ。
 まぁ何年かしてそれが“フラッシュバルブ”というモンで一発光らす照明球やと知りましたけど、そのうちすぐにストロボの時代になって全く世の中から姿を消しましたね。
 看板には“ウエスト ニューフラッシュ”の文字。その前に“W”とナショナルのマークがあります。ウエスト…その昔ナショPと呼ばれるストロボを使ってましたけど、その製造元がウエスト電気やったことを思い出しました。いま“パナソニック フォト・ライティング”と社名を変えつつも、他社の下請けもしながら盛んに事業を続けられている様です。ま、もちろんフラッシュバルブの生産はしてないみたいですけども。

(於:河内長野市) この看板見つけたのが6月1日の写真の日やったのが偶然とは思えん。

保存

保存

保存

|

« 街のパンクな一角 | トップページ | 新興住宅地、車庫だけ完成の分譲地に思う。 »

プラ看板」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

コメント

「寫眞」のいかにもなレトロ感より、なぜか「ウエストニューフラッシュ」の赤白看板にくぎづけです。
いい感じやなぁ…こんな時代があったなぁ…いつやろ?
赤白の水中モーターで弟が遊んでた頃?
それとも、身頃が赤で袖がクリーム色のレザーのスタジャン着てた頃?

いやいや、ただの私の勝手な思い入れですね。

ニューフラッシュは例のナショ文字かな。

投稿: おばちゃん | 2016年8月24日 (水) 16時59分

●おばちゃんさま
すんません、何となくなニュアンスしか理解できません。が“赤と白”なツートーンって確かにいち時期流行ってた気がします。そう言われれば、その配色も懐かしいかも。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2016年8月28日 (日) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/64069732

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和なプラ看板 130 ● ウエスト ニューフラッシュ:

« 街のパンクな一角 | トップページ | 新興住宅地、車庫だけ完成の分譲地に思う。 »