« 琺瑯タンクの余生 28 ● 和歌山県伊都郡かつらぎ町寺尾54-61 | トップページ | 押しピンだらけの壁 »

2016年7月20日 (水)

Akashikaikyo01  “評価の定まったものを評価する”ってのが相入れんなと思っていた若き日々。半世紀も生きてると「それもそうやな」と思う様に。一流には一流なりの理由があるということを学ばしてもらった…な。随分遠回りしたけど、それはそれでよかったんやろと思った今日一日。合掌。

(於:明石海峡) ちょっとイレギュラーな記事にて失礼。

保存

保存

保存

保存

|

« 琺瑯タンクの余生 28 ● 和歌山県伊都郡かつらぎ町寺尾54-61 | トップページ | 押しピンだらけの壁 »

思ったこと」カテゴリの記事

未分類」カテゴリの記事

コメント

日章旗に重なる落日、
シンボリックですね、さすが!

投稿: mita | 2016年7月25日 (月) 10時04分

●mitaさま
ちょっとやりすぎかもとか。ま、素直に「おおきに」。

投稿: 山本龍造 | 2016年7月30日 (土) 18時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/63943678

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 琺瑯タンクの余生 28 ● 和歌山県伊都郡かつらぎ町寺尾54-61 | トップページ | 押しピンだらけの壁 »