« 外国語のローマ字表記 40 ◇ SHOKEN BILUTO.Inc | トップページ | “東大阪市水道消火栓”の鉄蓋 »

2016年7月 4日 (月)

星組バウホール公演“One Voice”

 ひとことで言ったら…非の打ちどころなき出しモンでしょうか。もちろんええ意味で。
Ov3 Ov4
 トップの退団決まってる状態にしてバウホール公演のみって何と酷な公演なんでしょ。チケット全然買われへんわ買おうにも高値になっとるしで「もう…しゃない」と諦めてましたところ、あの手この手でうちのひとが何とか一枚手に入れてくれたのが昨日。で、これまたうまいこと今日は仕事がないってことで14時半からの公演に行ってきました。
Ov1Ov2
 ベンチャーズ風(?)な音楽(ってベンチャーズかな)の生演奏でスタート。’50〜’90年代の洋楽中心であんな歌こんな歌…これはまぁ50歳代向けってところでしょうか。変に日本語詞になってなくてよかったぁって感じ。で、やっぱり北翔海莉さんはうまいなぁ…でも、他の人たちはどうなんやろという心配(失礼)は、うまいことやってありますわ。大勢で歌うことでその歌唱力の差を上手にカムフラージュ(これまた失礼)、そこに、専科より夏美ようさん、美城れんさんを迎えてあんたこのふたりの歌がまたうまいこと。トップとはまた違う聴かせ方というか見せ方というか…やっぱり“専科”ってのは、すごい人ら揃いなんですね。ご両人とも元々星組にゆかりあるとのこともあってか、全体にどの場面も決まってるというか融和したもんを感じました。
 で、北翔さんも何度となく演奏陣を紹介してはりましたけど、うん、このステージ、演奏も含めて良かったんです。どう良かったかって、演奏がシャープっていうのかキレてるというのか…正直言うと、大劇場のそれでいっつも思うあのモッサリ感(またまた失礼)、あれがないんです。音楽監督の佐伯準一氏がキーボード、そこにリズム隊にギター、管楽器2本という6人編成にして…こちらも一流の皆さんって感じでした。
 第二部は私知りませんけどどうやらミュージカルナンバーがメインやった様で、日本語での芝居がかった歌が多かったかな。しかしまぁどんな場面でもどんな歌でもこなしはる北翔さんが近々タカラヅカで見る事ができなくなるというのは残念な話ですわ。
 “残念”…と言えばもうひとつ。歌と演奏が終わったあと、もうちょっと余韻残して拍手したい様な曲も数多くあったんですが、みな、すぐに拍手始めるもんやから…あれはどうなんかなぁって気がしました。2秒…いや、1秒でもええからそういう“間合い”がほしいなぁと思ったりしたんですがまぁ、大劇場にしてもここバウにしても、その道の“観劇のプロ”みたいなお方達の決め事に沿ってやらんとね…って、歌舞伎かっちゅうねん。
 “One Voice”のサブタイトルは“歌声をひとつに…”。まさにその通りの2時間(休憩25分を含む)は、どこをとってもキラッキラで陽気な舞台でした。そうそう、そこが北翔さんの魅力なんですよね。基本1日2公演…2時間もんやし、ちょっとムリしてもろて1日3回で“追加公演”やってもらいましょか。まぁ、それも酷な話ですわな。

“キラッキラで陽気”って、トロピカルなそれとはちゃいまっせ。

保存

保存

保存

保存

保存

|

« 外国語のローマ字表記 40 ◇ SHOKEN BILUTO.Inc | トップページ | “東大阪市水道消火栓”の鉄蓋 »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

バウはねぇ、いかんせん座席数が少ないのに、結構実験的で冒険的なおもしろい出し物を打ちますから、なかなか取れないですよね。私も二回だけ、一回は人から回ってきたチケット、もう一回は出演されていた生徒さんから直で買ったチケットでした。
拍手の件はね、天海祐希さんみたいに「言いたいこといい」みたいなスターだと、「出てくるだけで拍手しないで」とか、いろいろファンに要望していてそれが通っていたみたいですけど、ほかのスターだとそうはいかないのかな。どうしても宝塚だと、「歌がすばらしかったから拍手」ではなくて「歌ったスターに対して拍手」というのが多い気がします。

投稿: ぽんぽこやま | 2016年7月 5日 (火) 02時25分

バウですか、ええですねえ。確かに、皆様おっしゃるように、バウの公演はものすごい観てみたいものばかりやのに、いかんせん箱の席数が少なくて、何度諦めたことか・・・

北翔さん、あのちえちゃんの後を受けてやから、実力はあるけど短命と言うのは、既定路線ちゃあ既定路線でしたよね。けど、しっかり、それを果たして行かれたとは、流石ですね。

はっちさん、そうなんです。元々星組さんでした。私の中では、ずっと星組の人です。昔、関テレで土曜日にやっていた「三銃士」でポルトスをやってはりました。あのシリーズ、面白かったんですよね。それこそ、確か、バウで収録してたと思います。「はいからさんが通る」「ラブパック」そして「三銃士」なんといっても、あのしめさんが、渋いイケメン、アトスを演じてはって、元からアトス好きやったんですが、それが更に強化されてしまって・・・
あ、しまった、話が思いっきりそれてしまいました。
あかんわあ、宝塚ネタ振られたら、乗ってしまうし、脱線するし。

投稿: 天王寺蕪 | 2016年7月 6日 (水) 00時08分

●ぽんぽこやまさま
「歌ったスターに対して拍手」…あ、なるほど。確かにそんな感じですわ。と言うことは私が間違ってるんかもしれません。ヅカ歴十余年ではわかりませんわ。

●天王寺蕪さま
待たされ待たされトップになったら長期トップは無理でしょうかね。ま、ええんです、これを機にヅカ鑑賞卒業しますし…
まぁ十余年楽しませてもらいました。ですけど上にも書きました様に十余年ではまぁわかりませんわ。
さ、つぎは何見よかなぁ。寄席かな。

お二人ともコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2016年7月22日 (金) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/63870022

この記事へのトラックバック一覧です: 星組バウホール公演“One Voice”:

« 外国語のローマ字表記 40 ◇ SHOKEN BILUTO.Inc | トップページ | “東大阪市水道消火栓”の鉄蓋 »