« ぶらくり丁に年中泳ぐ鯉のぼり | トップページ | シンメトリーで街路樹見たら »

2016年5月 6日 (金)

大阪市里道

 改めてこう書かれると、そうなんやって感じ。
Rido1 Rido2  天六あたりを歩いてましたら地面に“大阪市里道”なる表記を発見。どうやら隣接地にマンションが建って里道部分もキレイにした結果、こう記さんとマンションの一部に見えかねんということでこうしたのでしょう。自発的にこうしてはるのか行政指導なのかはわかりませんが。
 ま、それより何となく世間には細い道ってあるなぁ程度に思ってましたけど、それが“里道”と言って、市のモンやとは知りませんでした。
 wikiの“里道”を読みますと、ふ〜んとちょっと勉強した気分。あぜ道やら水路法定外公共物と言うとか)ってのが、地元集落の共有財産なんかと思ってましたけど、2005年まで国有地やったんですね。
 今も昔もこの手の細い道大好きですけど、他所もんの大人が通ると…ちょっと具合悪い感じもありますな。そういう意味では、子供の頃の方がブロック塀を伝ってよそ様の庭にもぐりこんだりできて面白かったなぁと思いますわ…ってまぁ、平成の世ではたとえ子供でもそういうこと許してくれん気もしますが。

(於:北区) かなりの細道…結局この里道はよう通らなんだ…

|

« ぶらくり丁に年中泳ぐ鯉のぼり | トップページ | シンメトリーで街路樹見たら »

大阪市中部」カテゴリの記事

小発見」カテゴリの記事

コメント

 あぁ例の赤線(認定外道路)ですね…
2013年9月18日(市と市民、揉める細長い土地。)

でこの道路、今も実際機能してるんでしょうか?
写真で見る限りかなりの細道で、犬猫・鼬や鼠しか
通れんような…

“大阪市里道”の明示が私を誘っています…
今度、歩きに行って来ますわ(笑い)

投稿: 難波のやっちゃん | 2016年5月 7日 (土) 19時38分

へえ、そういうもんなんですね。
勉強になります。

そういえば、中学生の時、近道やからと通学路ではない田んぼのあぜ道通って怪我しても、保証は出ないから通ったらあかんよと、よく母から言われてました。びびりながら、毎日通ってましたが、そのおかげか、通学途中の事故・けがはありませんでした。

投稿: 天王寺蕪 | 2016年5月11日 (水) 23時37分

●難波のやっちゃんさま
そうそう、前回お教え頂いたときはもひとつ解らなんだんですが、今回ちょっと理解できました。
この現場、ぜひ実地体験してみてください。

●天王寺蕪さま
これまた変わった注意を母上から言われてはったんですね。あぜ道通って通学…ええなぁって、中学から大学まで自分もやってたがなと思い出しました。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2016年5月12日 (木) 14時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/63593023

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪市里道:

« ぶらくり丁に年中泳ぐ鯉のぼり | トップページ | シンメトリーで街路樹見たら »