« 阿倍野は高さ100mから北を望む | トップページ | 大阪市里道 »

2016年5月 5日 (木)

ぶらくり丁に年中泳ぐ鯉のぼり

 5月5日はこどもの日。
Blackri1 Blackri2  今年はなんかあんまり鯉のぼり泳ぐ様子を見なんだんですけど…って、世間を鑑賞しているヒマがなかっただけなんでしょうかね。
 てなわけでこれでいっときますか。やっぱりよろしいなぁ手描きのカンバンって。カッティングシートにはない立体感ある深みは職人さんの持ち味そのもの。仕事で楽しんでる感じまで伝わってきますわ。
 と言ってもトイザらス上陸くらいからか、おもちゃ屋さんもすっかり様変わりして…ってまぁ、それがなかったとしても時代は確実に個人商店ではやっていけん状況に進んでますけど。はぁ。

(於:和歌山市) シャッター下部が白くかすれてるのは劣化か雲を表してるのか?

|

« 阿倍野は高さ100mから北を望む | トップページ | 大阪市里道 »

懐かし…」カテゴリの記事

看板」カテゴリの記事

コメント

 孫の一人(男)がこの五月で満一歳、鯉のぼり・鎧兜…何がイイ?と尋ねたら…ロディが欲しいって(笑)。

そらそやなぁ、観光地や田舎では沢山の鯉のぼりが泳いでますが、都会のマンションベランダではなあ…

僕ら子供の頃チャンバラごっこ全盛で、鎧や兜が欲しかったけど、今時の男の子は…むしろ母親(歴女・甲冑女子)が欲しがるそうな。

屋根より高い鯉のぼり~♪。まっ兎に角、安上がりで結構なこっちゃ!


投稿: 難波のやっちゃん | 2016年5月 6日 (金) 14時19分

今年の兜飾りの売れ筋商品は、ずばり「真田の赤備え兜」だったそうです。
皆さん、流行に敏感なようで。

投稿: 天王寺蕪 | 2016年5月11日 (水) 23時39分

●難波のやっちゃんさま
鯉のぼりも五月人形もお雛さんも…、あ結納も。松屋町ってよう持ってるなぁと思います。現実は“花火と駄菓子の街”ってところでしょうか。

●天王寺蕪さま
そうですか。なんでも流行ってあるんですな。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2016年5月12日 (木) 14時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/63588183

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらくり丁に年中泳ぐ鯉のぼり:

« 阿倍野は高さ100mから北を望む | トップページ | 大阪市里道 »