« フェンスで分断され2本になった1本の木 | トップページ | 屋敷の角の波乗りウサギ »

2016年5月21日 (土)

近畿道の高架下、長田にて。

 昨日の午前中は東大阪市某所で仕事。荒本駅で降りたらええんですけど、近鉄分の運賃ケチって地下鉄は長田駅から行って帰って。道すがら真ん中には東大阪ジャンクション。ここがね、入る前は「…いややぁ」と思うも、いざ高架下を歩きはじめると何とも言えん非日常さにちょっとした感動を覚えます。
Kinkidonagata
 行きは北側、帰りは南側を歩き、それぞれに「ええなぁ」があったんですが、今回は、これ。機能美というのか構成美というのか重厚感があって排ガスで煤けて…カッコよろしいなぁ。あ、ちなみにグリーンに染まった橋脚は、新緑の写り込み。コンクリだらけかと思うも、案外まわりに緑地帯が設けられているもんやなと改めて気づいた次第です。
 工場萌えやとか橋脚マニアとかそれがブームになると「そうでっか」となる性分ですけど、ま、気持ちはわかりまんな。

(於:東大阪市) それでも徒党を組んで鑑賞ってのは、性に合わんわ。

※関連記事:
八戸ノ里駅、改札口出てすぐの景色。』 2015年9月 記
大阪市中央区、阪神高速高架下の図午後3時。』 2015年9月 記
りんくうタウン駅の橋梁』 2015年5月 記
JR三ノ宮駅の橋梁』 2015年5月 記
ジャンクション下の静寂』 2014年4月 記

|

« フェンスで分断され2本になった1本の木 | トップページ | 屋敷の角の波乗りウサギ »

建造物」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

コメント

こういう高架下の風景って、たぶん結構どこにでもあるんでしょうけど、しっかり見るってことは少ないですね。

そういえば中央大通は、天保山・阿波座・信濃橋・内本町・荒本と、ジャンクションマニア(橋脚マニア)にはたまらない道路ですね。長田もこれに含まれるかも、、、?

投稿: ぶるーばーど | 2016年5月22日 (日) 22時35分

●ぶるーばーどさま
お久しぶりでございます。
そうですね、確かにしっかり見ることって…まぁあまりないですね。そもそもそんな時間のない生活を強いられている人々が多いかと。
ちゃんと探せば出てくると思いますが、案外この手の写真は少ないなと感じました。見上げたものは多いのですけど。マニア…ねぇ、と思いつつ、アホげもそれなりにマニアック…かも。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2016年5月25日 (水) 09時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/63667020

この記事へのトラックバック一覧です: 近畿道の高架下、長田にて。:

« フェンスで分断され2本になった1本の木 | トップページ | 屋敷の角の波乗りウサギ »