« 近畿道の高架下、長田にて。 | トップページ | 光と影と写り込み »

2016年5月22日 (日)

屋敷の角の波乗りウサギ

 立派なお屋敷の塀の角に、ウサギが載ってますわ。
Namiusagi1 Namiusagi2  そないに年代物って感じでもないし、まぁかわいいからやろかいな程度に思うも、まぁそれなりに理由があるのやろと帰宅後調べますればこれ、波に乗ってるウサギで火事よけのまじないの瓦とか。
 そもそも“波に兎”は“竹に雀”やら“梅に鶯”“松に鶴”みたいに昔より好まれた決まった意匠のひとつやとか。はぁ…そんな当たり前らしいこと知らなんだということで、皆さんにしたら「それで?」な記事でスンマセンでした。
 あ、あと“波に兎”は“繁栄、飛躍の象徴”ということもあるそうで、ま、この瓦は、火除けと繁栄、両方を兼ね備えた存在なんでしょうな。

(於:高槻市) 時には為になる発見もあるなぁ…って、本来知ってて当たり前なんやろけど。

|

« 近畿道の高架下、長田にて。 | トップページ | 光と影と写り込み »

小発見」カテゴリの記事

摂津(大阪市外)」カテゴリの記事

コメント

 ほほう、兎がサーフィンしてまっか(笑)。

波兎の由来は「古事記」に出てくる“稲羽之素菟”或は謡曲「竹生島」からとか…因幡の白兎は他人(鮫・和邇)を騙して荒海を渡る狡い兎、竹生島はイメージの飛躍(月に住む兎が湖面に映ってゆらゆらと漂う)なそうな…

海や湖上の波を駆け回ってる、そんな元気な姿が家に魔物や疫病が入ってくるのを防ぐ“可愛い鍾馗さん”、ついついその様な想像をしてしまいます。

投稿: 難波のやっちゃん | 2016年5月23日 (月) 20時29分

可愛いですね。

ウサギと言えば、いつも思い出すのが、ピーターラビットの絵とお話が載っている食器シリーズ。ディナープレートに載っているお話の一説が「でも、ピーター、マクレガーさんの庭(畑)に入ってはだめよ。あなたのお父さんは、あそこに行って捕まってしまい、マクレガーの奥さんにウサギのパイにされてしまったのよ」と言うもの。それを読んでいて、イギリスのお子達は、その日の晩御飯にウサギ肉のパイが出てきた時、「ねえ、お母さん。このウサギのパイって、ピーターのお父さんなん?」なんてことを言いながら、食べるんかなーと、いつも思ってしまいます。

投稿: 天王寺蕪 | 2016年5月25日 (水) 20時10分

●難波のやっちゃんさま
その空想、かなりええ感じ。可愛すぎ

●天王寺蕪さま
こわっ。お国違えばですな。英語読めんでええこともあるなぁ…とかなんとか。

お二人ともコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2016年5月27日 (金) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/63671865

この記事へのトラックバック一覧です: 屋敷の角の波乗りウサギ:

« 近畿道の高架下、長田にて。 | トップページ | 光と影と写り込み »