« 防犯灯の木の支柱のブリキの看板の | トップページ | 眼科の目玉、平成版。 »

2016年5月 2日 (月)

昭和なプラ看板 124 ● 清酒 大東一

 もう廃業された様な酒屋さん、イチ押しがこの銘柄やったんでしょう。
Daitoichi1 Daitoichi2  酒名は赤で記したモンが酒の看板では多いですが、黒一色で大東一と記されているところに自信の表れを感じられます。
 大東一ほか世界一統、祝砲、日本城などスケール感ある酒名の多い和歌山県…これはきっとたまたまではなくて県民性に起因しているんでしょうね。
 で、大東一ってどういう意味なのか…調べますれば“大東”とは東の果て(極東)、すなわち日本のことをさすコトバやということ。ということは“日本一の酒”ってことですかね。名実ともに日本一を目指しはったのか、一時期は灘にも進出、“灘の生一本”のフレーズで売ってはった時期あるも、数年前に和歌山に一本化されたみたいです。それでも別ブランド“羅生門”は、モンドセレクション金賞を売りにするお酒の先駆けとして、今も人気高いみたいです。余談ですが和歌山の蔵元は一時期、競う様に灘、伏見に進出していた時期がありました。これも…間違いなく県民性でしょう。
 で、こんなんも見つけたんですけど、どうです?
Daitoichi3 Daitoichi4
 こちら横書き。あのねー、縦書きで成立してるもんをそのまま横にしたら…ね。けどまぁ面白いからええですな。しかしまぁ…なんともマヌケな“”やことで。
 と、ここで終わろと思いましたけど、そもそも先の縦の看板のバランスももひとつですなと。てなわけで完成形の“大東一”で、しめくくり。“ 大 東 一 ”の三文字で△形のひとつの意匠になってます。やというのに横組みにするとは…
Daitoichi5 Daitoichi6

(於:和歌山市) やっぱり酒の名は髭文字がよろしいな。

|

« 防犯灯の木の支柱のブリキの看板の | トップページ | 眼科の目玉、平成版。 »

お酒」カテゴリの記事

プラ看板」カテゴリの記事

コメント

 欧米からは極東、中華思想の彼の国から“大東”と呼ばれた辺境の国・辺境の地で日ノ本一を名乗るその心意気、宜しな!

この蔵元、“羅生門”や“七人の侍”とネーミングすることから、大の黒澤映画好き・三船敏郎ファンなんでしょう…男は黙って“つれもていこら。”なんてお酒も…

大東一って最初人名やと思った、乾杯!

投稿: 難波のやっちゃん | 2016年5月 3日 (火) 19時17分

●難波のやっちゃんさま
大東さんと言えば…餃子の王将前社長の事件、解決しませんね。これ以上先へ進めんことってのが世の中にやっぱりあるんやなぁとかなんとか。
話それてますね。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2016年5月12日 (木) 13時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/63571441

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和なプラ看板 124 ● 清酒 大東一:

« 防犯灯の木の支柱のブリキの看板の | トップページ | 眼科の目玉、平成版。 »