« 旭区生江二丁目のネコ | トップページ | 戸袋に、打ち出の小槌。 »

2016年4月19日 (火)

銘酒 菊司 社長 駒井○○ 醸

 奈良市某所で仕事。近鉄は菖蒲池駅で降りますと、北側はすっかり小ギレイな街になって遊園地の面影はありません。南側も住宅地っぽいし期待できんかなぁと思いつつ歩きはじめるといきなり…ええの発見。
Kikutsukasa1 Kikutsukasa2
 最近ホンマ見かけん様になったお酒の琺瑯看板に何なに“社長 駒井○○ 醸”。社長自ら酒を醸して…これは、最近はやりの“蔵元杜氏”のさきがけ? ではないでしょうな。どうやらこのお方、衆議院議員選挙に立候補されていたみたいですから…ね。“菊司”の名を売るより「蔵元のモンです」という素性をアピールってなとこなのでしょうか。
 で、この“菊司”は生駒の菊司醸造のお酒。近年は“往馬”のブランドでマニア好みのお酒を醸されています。数年前、醸造場を奈良市は都祁の方に移されたとのこと(未確認)。当代はまさしく社長さん自らが醸してはります。

(於:奈良市) 同行の人に「あやめ池来るのOSK観に来たとき以来」と告げると「OSKって何ですか?」…そんなもんなんや。

|

« 旭区生江二丁目のネコ | トップページ | 戸袋に、打ち出の小槌。 »

お酒」カテゴリの記事

看板」カテゴリの記事

コメント

 以前“くらがり越え”奈良街道歩いた時、南生駒でお見掛けしました。

社長名の入った琺瑯看板って珍しいですよね!
“往馬”も平群郡生駒の古い地名・社長の苗字もひっくり返すと井駒、さぞ地元の名士なんでしょう。
第27回(昭和30年)の総選挙に立候補されたとしたら此の看板も60年、きれいに保存されてますね。

旧都祁村って寒いとこですな!

投稿: 難波のやっちゃん | 2016年4月20日 (水) 19時38分

桜咲く国、桜さくら~♪
以前、ジャズダンスを習っている人から教室がOSK系・宝塚系・その他に分かれてるという話を聞いたことがあります。けど、まあ、一般の人からしてみたら、「宝塚は知ってるけど、OSKって何?」となるのかも知れません。

社長さん自らが醸すお酒、飲んでみたいですね。

投稿: 天王寺蕪 | 2016年4月28日 (木) 06時19分

●難波のやっちゃんさま
“イコマのコマイさんのイコマ”ってほんまたまたまなんかなんぞ関係あるんかうまいことなってます。社長名の入ってる琺瑯看板はこれしか見たことありませんが、理事長名の入ったそれは、時折見ます。必要あってのことなのか売名行為なのか…

●天王寺蕪さま
そのお方、三十代後半の女性でしたが、それくらいの年齢の人にでも知られてないねんなぁとちょっとびっくりしました。興味なければそんなもんですかね。
社長自ら醸す酒は、きょうびあちこちたくさんありますね。しらんうちに呑んではるんやないかと思いますが。

お二人ともコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2016年5月10日 (火) 06時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/63511435

この記事へのトラックバック一覧です: 銘酒 菊司 社長 駒井○○ 醸:

« 旭区生江二丁目のネコ | トップページ | 戸袋に、打ち出の小槌。 »