« のせでん乗れば、そこは春。 | トップページ | 外国語のローマ字表記 38 ◇ aruru »

2016年4月 6日 (水)

ねじれ桜

 今頃きっとパッと咲かせていることでしょう。
Nijiregi1 Nijiregi2
 関学へ続く道は桜並木。うち一本がなかなか変わってまっせ…って幹が。
 ご覧の通りまるで綱の様にねじれてます。2本の木が仲良く…いや、せめぎ合ってる様にも見えますが、どうも根っこあたりを見る限りこれは一本の木です。なんでこんな風に生長するんでしょう。
 ま、その状態が変わってることだけで充分楽しますが、ヘビっぽいだけでなく木登りクマを抱っこしとる図に見えたりポーズとる裸婦像にも見えたり。ねじれてるだけで見え方もずいぶん変わるもんですな。

(於:西宮市) 皆さんが通った頃からねじれてましたかね? ここですけど。

|

« のせでん乗れば、そこは春。 | トップページ | 外国語のローマ字表記 38 ◇ aruru »

摂津(大阪市外)」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

 昨日が見頃!、今日の雨・風で散ってしまうでしょう…

もう半世紀経ちましたなぁ。希望に胸膨らませ満員のバス車窓から観た満開の桜並木、やる気満々でした。
最初の三か月は甲山を背景に時計台後ろの学部に真面目に通いました。
いつの間にやら校門手前、右に曲がり雀荘へ…その内バスにも乗らず甲東園駅前でビリヤード三昧…

学園紛争のどさくさに紛れ四年で卒業したけど…その後の波乱万丈…どこで人生ねじれてしまったのか?
今度桜に聴いてみます(笑い)。

投稿: 難波のやっちゃん | 2016年4月 7日 (木) 08時19分

私の人生初のお花見は、関学の桜でした。
アルコール禁止の学内に、こっそり父が魔法瓶に熱燗を入れて行って、飲んでました。そして、桜の木に登って、足に擦り傷作った時父がその熱燗をかけてくれて「アルコール消毒や」と言っていたもんです。
その後、姉が関学に入った時「やっぱり、関学でアルコールはあかんで」と言うてました。

投稿: 天王寺蕪 | 2016年4月 8日 (金) 21時16分

●難波のやっちゃんさま
波乱万丈の人生…それは大変やったことでと思うも、ある種羨ましいと思う部分もあります。世代差はそれぞれにあるも、ここ30年くらいって、あんまりそれがない様に思います。我々より前の世代とは、かなり違うものを感じます。

●天王寺蕪さま
それはそれでまぁええ時代やと思いますね。まぁ、喫煙の次は飲酒が「はぁ?」な時代になるんでしょうね。ちょっとちゃうかもしれませんが。

お二人ともコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2016年5月 4日 (水) 15時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/63450851

この記事へのトラックバック一覧です: ねじれ桜:

« のせでん乗れば、そこは春。 | トップページ | 外国語のローマ字表記 38 ◇ aruru »