« アーケードなくなり、アサヒの看板すっかり色あせて… | トップページ | “本当にすいませんでした”…って »

2016年4月15日 (金)

業界団体の会館 85 ◆ 京都木材会館

 京都の木材会館も、黙ってはりまへんで。
Kmk1
 今日は京都で仕事。せっかくやしといつもあれこれ道を変えての行き帰り、何度か通ったことあるはずの道端にこんな建物を発見。「へぇ」と思いつつ通り過ぎよと思いますればそこに“会館”の文字を見つけ、「ほっとけんな」とUターン。じっくり見るまでもなくそれは…やっぱりって感じの業界団体の会館でした。
Kmk2 Kmk3
 はい、見ての通りそれは“京都木材会館”。“京都木材協同組合”が事務所を構える建物でした。
 この手の歴史ある会館の割に個性的かつシュッとした今日的なその姿に大阪木材会館同様「リニューアルしはったんかな?」と思うも、まだ一階部分のテナントが入ってなかったりで人影まばらやなぁと思い帰宅後調べますればこの会館、この3月に竣工したとことか。何でも売りは木造にして耐火建築物やということやそうです。どこぞのコンクリビルの外壁に木材を貼ったのとは訳が違いますな。さすが千年の歴史を誇る京都のそれって感じがします。ちなみに材木はすべて京都産のスギとヒノキが使われているそうです。
 木造の4階建ビル…ま、滅多に見かけんもんですから、今度もっとちゃんと見てみたいもんです。やっぱり京都って…何かにつけて別格ですわ。詳しくはここをご覧ください。

(於:京都市中京区) 長く京都がミヤコやったことって、必然があったんやろなぁと思うこと多しあれこれと。

|

« アーケードなくなり、アサヒの看板すっかり色あせて… | トップページ | “本当にすいませんでした”…って »

京都ネタ」カテゴリの記事

業界団体の会館」カテゴリの記事

コメント

 千年の古都、京都はたびたび戦乱・大地震による大火に襲われてます…

そんな中、木材会館が“一階柱に国内初の二時間耐火部材を使用した”純木造会館に建て替えられた事、結構ですナ!

先日の大阪木材仲買会館が竹中“燃エンウッド”なら、京都はシェルター“クールウッド”。
他に木造耐火構造には鹿島“FRウッド”なんてのもあるんだとか…

今日未明の熊本大地震の余震、遥か離れた大阪は震度3なのに長周期地震動で結構長く横揺れが続きましたネ。

投稿: 難波のやっちゃん | 2016年4月16日 (土) 08時53分

●難波のやっちゃんさま
地震の後見ても、火事の跡見ても「…木造は、アカン」と思ってしまいがちですが、この様にその手の業界の人が頑張ってはって、ちょっとうれしくなります。私は…今回の地震、全然感じませんでした。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2016年5月 7日 (土) 14時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/63491388

この記事へのトラックバック一覧です: 業界団体の会館 85 ◆ 京都木材会館:

« アーケードなくなり、アサヒの看板すっかり色あせて… | トップページ | “本当にすいませんでした”…って »