« ねじれ桜 | トップページ | 角刈り四つ »

2016年4月 7日 (木)

外国語のローマ字表記 38 ◇ aruru

 まぁ“亜瑠瑠”が屋号でもあるんで、これでええんですな。
Aruru1 Aruru2
 “洋風”であり“居酒屋”であり“喫茶”もやってると和洋折衷なお店の様ですから、あえて“aruru”なんでしょう。てなこと思いつつアルルのスペルが“arles”やと言うのも知らんかったんですけど。ホンマのところはフランスにあるということすらも…こっちが笑われますわ。

(於:富田林市) あ、フォトフェスティバルで有名なとこや…って、忘れてるようではな。

|

« ねじれ桜 | トップページ | 角刈り四つ »

外国語のローマ字表記」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

コメント

 「アルルの女」と云えば、皆さんはどちらをイメージされますか? 音楽か絵画か…

年代順に先ずビゼーの組曲、それからゴッホの油彩…私は読書するジヌー夫人の方です。
絵のモデルがゴッホやゴーギャンが出入りしたフランス・アルルのカフェの経営者だったそうな…

富田林のAruru、お昼は昔ながらの喫茶店・夜はイタリアンの創作料理を中心とした洋風居酒屋だとか、
もう一軒同じく喜志駅近くにはバーArlesがありますナ!さすが芸大の最寄り駅、とかなんとか。

アルル国際写真祭は全く知りませんでした…

投稿: 難波のやっちゃん | 2016年4月 8日 (金) 10時51分

その昔、フランスに行ったとき、「アルル行きの列車は、どこから出ますか?」「アルルの市内地図を下さい」等々「アルル」と言う地名を言うたびに「Arles」とrを正確に発音しないと理解してもらえず、一時期、rとlの日本人にとって発音しにくい二つの音を並べてあるなんて、なんて土地なんだろう!ほんまに、アルルっちゅうのは・・・と思った街です。

投稿: 天王寺蕪 | 2016年4月 8日 (金) 21時26分

●難波のやっちゃんさま
えっ、近くにArlesがありますか。それで遠慮しはったんですな。納得…とか?

●天王寺蕪さま
っはは、イケズ地名やと。そんなとこ行かんとこ…とか何とか。

お二人ともコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2016年5月 4日 (水) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/63455199

この記事へのトラックバック一覧です: 外国語のローマ字表記 38 ◇ aruru:

« ねじれ桜 | トップページ | 角刈り四つ »