« 戸袋に、打ち出の小槌。 | トップページ | 糞占い »

2016年4月21日 (木)

昭和なプラ看板 123 ● マキタ 電動工具

 やっぱりプラ看板は、光っててナンボのもんですな。
Mdk1 Mdk2  今日は朝から神戸は北区某所で仕事。三田駅からバスに乗って…の前に少し駅あたりを歩きますれば鍛冶屋さんの流れをくむであろう金物屋さんの軒下で写真の様にプラ看板が光っていました。朝から暗い雨模様でうっとぉしいなと思っていましたけど、そのおかげで電気が点いていたわけでええこともあるもんですわ。
 マキタの看板自体は以前にも記事化したことがありますので社のことはそちらをご覧頂くとして、このロゴにマークは1962年から1991年まで使われていたということですので、少なくとも四半世紀は前のモノとなりますがまったく劣化せず明るく宣伝し続けて…やっぱり軒下にあるだけで劣化率がかなり低いんですね。と言うことは…そうか、人間もしかりなんでしょうなぁ。アホげ続けると言うことは…劣化早めてるってことやなぁと心配になってきました。とか何とか。

(於:兵庫県三田市) 出勤時間の福知山線下りって、混んでるとは知らなんだ。

※関連記事:
昭和なプラ看板 61 ● マキタ 大工セット』 2012年5月 記

|

« 戸袋に、打ち出の小槌。 | トップページ | 糞占い »

プラ看板」カテゴリの記事

摂津(大阪市外)」カテゴリの記事

コメント

まだ光るということは、お店の方がちゃんと中の蛍光灯を替えておられるということなんでしょうか?
いいですね。

投稿: 天王寺蕪 | 2016年4月28日 (木) 06時25分

●天王寺蕪さま
そうそう、そこがまたええんですよね。ちゃんと自分とこのもんとして維持管理してはるというのが。広告主が勝手に付けたという風に思うと、ほったらかしになるんでしょうな。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2016年5月10日 (火) 06時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/63518988

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和なプラ看板 123 ● マキタ 電動工具:

« 戸袋に、打ち出の小槌。 | トップページ | 糞占い »