« sky six…な | トップページ | クスノキ見上げると、案外ドロッとしたもんを感じる。 »

2016年4月10日 (日)

昭和なプラ看板 122 ● いの一番

 もちろん米屋さんの軒下にそれはありました。
Ino1b Ino1a
 いの一番…味の素やハイミーは知れど、これは…知らんなぁというお方がもう今や多いかも知れませんね。そういう私も「あぁそういうの、むかし耳にしたことあるなぁ」程度にしかなじみのないブランドです。幼少期にはその名の意味も深く考えませんでした(当たり前か)けど、ま、これは“イノシン酸”からのネーミングでしょう。グルタミン酸が昆布、イノシン酸がかつお節の旨味やと言われているそうです。
 一時期…ま、若かりし頃、この手の化学調味料に対して随分「あんなもん!」って毛嫌いしていたことがありましたけど、やっぱりすごい発見やなぁと思いますし、程度問題でうまく使えばやっぱり便利でカンタンに旨味を増すことができる優れもんですわ。とは言え時折ラーメン店で見かける鉢にスプーン一杯分ほどのそれをブチ込む光景を見ると「…わっ」って感じしますけど。ちなみに昔、某ちょっと有名な中華そば屋さんに取材で伺った時、ダシへのこだわりの質問に対して「うちわね、味の素ぎょーさん使うてるからね。それが特長やわ。そらもう味の素の会社から表彰されてもええぐらいやわ」と大将に言われ…記事化もできずてなことありました。ま、近年その手のラーメン店もあまり見かけん気がしますが…見えんところで入れてはるんでしょうかね。そうそう、近年はやりの“無化調(化学調味料不使用)”をうたってる某お店の店内に段ボール入りの味の素Sがドンと積まれていたのを見たこともありました。ま、15年くらい前の話ですけど。
 はなし戻っていの一番。看板にある通り元々はタケダの製品でしたがその後、タケダは食品事業から撤退し、キリン協和などを経て、いまMCフードスペシャリティーズなどと言う馴染みない三菱商事系の会社から発売されているそうです。ま、キリンや協和発酵をルーツとする立派な会社ではありますがこの社名は…何とも親しみが持てませんな。
 で、この看板の裏側を見ますれば…あ、やっぱりって感じ。
Plussy2  そうそう、これもタケダで米屋さんルートの…って、こっちの方がやっぱり「これこれっ」って感じ。ま、プラッシーのことはかつて記事化したことがありますのでそっちをご覧いただくことにしましょう。
 きっとまぁ半世紀ほど前に設置されたであろうプラ看板ですけどほんまにええ状態で残ってますなぁ。雨風しのいで直射日光から守られているとこないに長持ちするもんやねんなって感じです。と、同時に看板の寿命以上に商品が生き延びているというのもこの激変の時代にすごいこととも思います、たとえ手がける会社が変わったとしても。はい。

(於:京都府亀岡市) “うまみ調味料”ってな名称はキライや。

※関連記事:
50周年記念 プラッシー ハウスから』 2009年2月 記
昭和なプラ看板 19 ● プラッシー』 2009年2月 記

|

« sky six…な | トップページ | クスノキ見上げると、案外ドロッとしたもんを感じる。 »

プラ看板」カテゴリの記事

コメント

 いの一番…なんとも昭和なネーミング!

“真っ先に”と云う意味ですナ…子供の頃、銭湯行くと下駄箱や脱衣箱の番号取り争いをしたもんです。今ならAー1か(笑)。

♪おで~ん、でんでん みそしる、しるしる きんぴら、ぴらぴら…のコマソン…タケダ いの一番だったか、それとも味の素 ハイー・ミーだったか?

投稿: 難波のやっちゃん | 2016年4月11日 (月) 08時42分

うち、副業で米屋もやっておりましたので、当然この看板ありました。
いの一番は真屋順子さんが「かつおぶしのか、しいたけのし、こんぶのこ、賢い主婦はいの一番」って歌いながらCMやっていた記憶があります。
味の素に対するハイミーなんかなと思います。オリジナルの味の素に対する商品がなんだったかは記憶にないです。

投稿: ぽんぽこやま | 2016年4月12日 (火) 01時35分

昔、子どもの頃いつもお歳暮を一番に届けて下さる方が、いつも「いの一番の詰め合わせ」ほんまです。母はいつもその方からのお歳暮が来ると「ほんまに、いの一番にいっつも届くなあ」と感心していました。

最近は、東南アジアやムスリム生活圏に売り込むために、味の素もその原材料に気を遣っているのだとか・・・

プラッシー、これまた懐かしいですね。サントリーオレンジ50、キリンレモン、プラッシー、などをいつも母は買い置きしてくれていました。あれって、ケース買いでしたよね。

投稿: 天王寺蕪 | 2016年4月14日 (木) 14時31分

●難波のやっちゃんさま
その宣伝は知らんのですが「ミタスミタスと言いました、マル」ってフレーズはよく覚えてます。使った記憶はありませんが。

●ぽんぽこやまさま
プラッシー同様いの一番も…やっぱりって感じです。何となく“いの一番”は“ハイミー”同等品かと思ってましたが。

●天王寺蕪さま
はい、うちではプラッシーに三ツ矢サイダー、キリンレモンバヤリースオレンヂでしたね。ケース買い…は酒屋さん、米屋さんが配達してくれていたからでしょう。思えば…醤油もソースも酢も塩もみーんな酒屋さんから…時代、変わったもんです。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2016年5月 4日 (水) 18時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/63469032

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和なプラ看板 122 ● いの一番:

« sky six…な | トップページ | クスノキ見上げると、案外ドロッとしたもんを感じる。 »