« 業界団体の会館 83 ◆ 大阪木材会館 | トップページ | 引越たいせつに運ぶ専門の富士急 »

2016年3月22日 (火)

憐体赤人「糞」市松

 仕事で東大阪西部へ。高井田駅あたりを歩くと緑地(?)に立て看板が三つ。一枚のそれは解るも…なんなん?
Funnyox1 Funnyox2 Funnyox3
 私が無知なだけでホンマはこう書くんかいなと一瞬思いましたけど…ちゃいまんな。そうか…かつての“夜露死苦”とか“走死走愛”、“愛羅武勇”てな表記をいまも愛してはるんでしょう。ええねええね、昭和臭いプンプン。ま、あまり直球で書くのも反感買うかもってことでこの様に書かはったんかもしれませんな。いやホンマ、表記の妙さはさておき、ポイ捨てに糞尿ほったらかしは、あきまへんで。
Funnyox4

(於:東大阪市) 永遠“阿呆下奈小発見。斗蚊”、夜露死苦…けっ。

|

« 業界団体の会館 83 ◆ 大阪木材会館 | トップページ | 引越たいせつに運ぶ専門の富士急 »

何げな」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

コメント

 連帯責任「糞」始末、そこんとこヨロシク‼

かつて暴走行為を繰り返した総長も今やガーデニングに明け暮れる毎日、ルーペで辞書と首っ引き「憐」や「糞」は中々書けまへんデ。

“愛と誠”世代でしょうか…

投稿: 難波のやっちゃん | 2016年3月23日 (水) 08時01分

すいません、最初の立て札、縦読みして「尿止 糞禁」と呼んでしまい、「えげつない立て札やなあ。こんなん言うたら、身体悪くするで」と思ってしまいました。

以前、中学校の先生からお聞きしたんですが、よくやんちゃ系の生徒が卒業式に色物(サテン生地のぺらっぺらの長ランや短ラン)の学生服をオーダーで作ってもらうそうですが、その後ろに色々刺繍を入れてもらうそうなんです。で、ある男の子がいきってそのオーダーの色物学ランを着ていて、その先生がふとその生徒さんの背中の刺繍の漢字が間違っていることに気づいたそうです。先生はかわいそうに思い件の男子生徒に「**君、その漢字、間違ってるよ。一本横線多いよ」と教えてあげたら・・・その男子生徒は「うっさいんじゃ、ぼけ!」と言って、恥ずかしそうに立ち去ってしまったそうです。
知り合いの先生は、あれは指摘するべきではなかったのか、それとも指摘して良かったのか、しばらく考えておられました。ちなみに、その先生の担当は国語でした。

投稿: 天王寺蕪 | 2016年3月28日 (月) 22時15分

●難波のやっちゃんさま
私は“赤人”と書いて「あかんど」と読んでましたんで…あぁ、なるほどです。

●天王寺蕪さま
私もじつは一瞬「尿止 糞禁」と読んでまして…たしかにえげつない。
で、やんちゃのにぃちゃんの話…わらけます。まぁ一生のキズになってることでしょう。イケズなモンで…

お二人ともコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2016年4月18日 (月) 15時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/63383071

この記事へのトラックバック一覧です: 憐体赤人「糞」市松:

« 業界団体の会館 83 ◆ 大阪木材会館 | トップページ | 引越たいせつに運ぶ専門の富士急 »