« 切り株から完全復活の木 | トップページ | 空き家ながら、ええ感じ。 »

2016年3月29日 (火)

昭和なプラ看板 121 ● チェリオ

Cheerio1 Cheerio2  新大阪駅近くを歩きますれば“新大阪”な響きに程遠い昔ながらなお好み焼屋さんの店頭に“チェリオ”のプラ看板が。
 そうそう、チェリオなんですよね。高校時分、下校の途中のたこ焼き屋さんで飲んだのってチェリオやペプシやった気がしますわ。まぁホンマはそこまで記憶ないんですけど。ファンタより96ccも多くて値段は同じ。ま、若干薄い様に思っていたのは…多分気のせいでしょう。中学生時分も駄菓子屋でチェリオでしたけど、なんであないにガバガバ炭酸飲料が飲めたのか今では考えられませんなぁ…って、そや、飲んでる飲んでる、ビールになってるんですな。
 ファンタやミリンダに次ぐ三番手という位置付けとその割安さでずっと二流なイメージのまま今では“サンガリアかチェリオか”と…あくまで私見です。
Cheerio3 そんなチェリオもさすがに瓶入りのそれは見かけん様になって久しいですね。昨年、堺市西区の酒屋さんでチェリオの空き瓶を4ケース見かけましたが、瓶のイメージはそのまんまでした。最近ではPET入り500ccにして100円ってのは時折自販機で見かけますが…いや、ちゃうんですよね、心の中のチェリオは。
 とは言え思えば狙いはいっしょ。当時は量の多さで、きょうびは安さでとその割安感で勝負してるところが、まさに三番手のまんま。ある意味ぶれないその姿勢に「もっと飲も」。いや、やっぱりビールやらチューハイやしなぁ…って、確か、チェリオって酒造免許持ってはった様に思いますけど。調べますればやっぱりチューハイ出してはる(出してはった?)とか。こっちは度数高めで勝負とか。やっぱりここでも…ポリシーは変わりません。さすがです。
 なお、紆余曲折を経てセブンアップ飲料からチェリオコーポレーションになった会社のこととか、チェリオ自体のことは、wikiでお読みください。

(於:東淀川区,堺市西区) ここのスイートキッスの派生もん“フルーツキッス”が好きやったわ大学時分。

|

« 切り株から完全復活の木 | トップページ | 空き家ながら、ええ感じ。 »

プラ看板」カテゴリの記事

懐かし…」カテゴリの記事

コメント

チェリオと言えば、スイートキッスとライフガード。高校の学食で売っていて、部活終わった後に飲んでました。
スイートキッスのロゴが「ベストヒットUSA」のロゴみたいな80年代のポップな感じで好きでした。

投稿: 天王寺蕪 | 2016年4月 4日 (月) 22時25分

●天王寺蕪さま
>>スイートキッスのロゴが「ベストヒットUSA」のロゴ
…わかるわかる。何なんでしょって感じ。時代ですなぁ。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2016年4月26日 (火) 07時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/63411094

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和なプラ看板 121 ● チェリオ:

« 切り株から完全復活の木 | トップページ | 空き家ながら、ええ感じ。 »