« 風呂釜からユッカ育つ育つ玄関先 | トップページ | 無用庇に門灯残る »

2016年3月 5日 (土)

昭和なプラ看板 120 ● 稲■翠房■

 このくくりに属するような、ちょっと違う様な。
Inasui1 Inasui2
 そのシチュエーションから植木屋さんの看板であろうかと思われますが、肝心の屋号5文字のうち2の字が抜けてしもてます…あ、“翠”のいち部分も。以前テントに書かれた文字が抜け落ちている物件のことを2回記しました(※下記参照)が、プラスチックも劣化の末この様なるんですね。しかしうまいこと抜けてますなぁ。
 ストリートビューで過去にさかのぼってみますと、2009年にはまだ5文字とも残っています。7年で2文字ちょっと…あと10年ほどしたら5文字とも抜けてしまうんでしょうかね。
 この物件、まぁプラ看板に違いはないんですけど、量産型のそれとは違いますから、やっぱりカテゴリ違いかも。まぁよろしいか。

(於:八尾市) 失われた文字は“田”と“園”でしょ。

※関連記事:
“ん”抜け、手打うど 。』 2013年1月 記
お米屋さんのテント、屋号だけ抜け落ちてる。』 2013年8月 記

|

« 風呂釜からユッカ育つ育つ玄関先 | トップページ | 無用庇に門灯残る »

プラ看板」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

コメント

プラスチックの場合、どうも“田”とか“園”とかぐるりが四角くつながってる字がスポンと抜けそうですね。
“稲川”とか“稲本”やったらよかったのに…と、全く解決にならないことを考えてしまった私。ごめん、稲田さん。

投稿: おばちゃん | 2016年3月 9日 (水) 09時16分

看板は劣化しても、緑は劣化せず!うちの木、植えてもろたら100年はもちまっせ。看板はあきませんけどな

投稿: 天王寺蕪 | 2016年3月10日 (木) 06時33分

●おばちゃんさま
ほんまほんま。これを想定して屋号変えとかんとあきませんでしたね。参考にさせてもらおっと。

●天王寺蕪さま
あ、なるほど。劣化した方が逆に宣伝効果ありと…けど、頼も思うても屋号わからなんだら、ね。

お二人ともコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2016年4月14日 (木) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/63311029

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和なプラ看板 120 ● 稲■翠房■:

« 風呂釜からユッカ育つ育つ玄関先 | トップページ | 無用庇に門灯残る »