« 昭和なプラ看板 119 ● キンキパン | トップページ | めがね橋からの眺め四景 »

2016年2月15日 (月)

泉屋のクッキー

 あぁ、これぞクッキー。
Izumiya1_2 Izumiya2_2
 榮太樓の飴、駿河屋の水ようかんにプリン、そして泉屋のクッキー…手みやげや贈り物によく使われていたのかクッキーの原体験はこれでした。浮き輪みたいな丸いヤツに赤や緑のチョボが付いていて…こいつコイツ。
 バタ臭くなくてあっさりしていて私いまだにその味わいが好きなんですけど、なんかあんまり近年見ません。確かにもっと本場の味わいっぽいもんがたくさん出てきている昨今ですから、どっか蔑まれたポジションに位置している様にも思えますけど…好きですわ、この味。
Izumiya3 Izumiya4
 年末に御歳暮を見に百貨店へ行った折に「これ家用に買お」と購入。うちのひと「あんた食べや」って…あのなぁ。そのニュアンスにはトゲあるも、独占できる喜びもあります。
 見ただけでそれぞれの味を覚えてるもんやなぁと口に含むとやっぱり変わらん乳臭くもバタ臭くもないええ味わい。ま、お子はその形に興味示すも味には…てなわけでますますひとりじめ。嬉しい様な…ちょっと物悲しい様な。
 味も形も昔のマンマ…ですが、違うところがひとつ。そう言えば実家に昔の缶残ってるなぁと思い、撮ってきました。
Izumiya5 Izumiya6
 あ、色がまず違いますね。こっちの方が何か懐かしい色合いに思います。ま、そのことよりここにあるとおり“泉屋京都店”やったんですよね、昔なじんでいたのは。
 何年前か…もう四半世紀ほど前やったでしょうか、京都店は知らんうちにひっそりと廃業しはりました…さほど話題にもならずに。
 泉屋東京店のサイトを見ると、大阪生まれの泉家が和歌山に移り住み、京都で開業し、東京へ移ったとありますが、京都店のことはあまり記されていません。もう別法人になっていたのでしょうね。
 製造元違えど昔と変わらぬ味わい…ちょっと“東京店”ってのが大阪もんには微妙な響きがありますがまぁよしとしましょうか。あ、そうそう、Googleで“泉屋 クッキー”と検索しよとすると、予測機能がはたらいて“まずい”って出ますねんけど…わかってへんなぁ。

美味いも“純欧風銘菓”は…言い過ぎやないかね。

|

« 昭和なプラ看板 119 ● キンキパン | トップページ | めがね橋からの眺め四景 »

懐かし…」カテゴリの記事

食べ物/飲み物」カテゴリの記事

コメント

もう最近は家には置いてあることは少ないんですけど、子どもの頃は、誰かにいただいたものが必ず置いてあるという感じの当たり前にあったお菓子ですよね。
チョボのついたクッキー好きです。食べたくなってきた。

投稿: ぽんぽこやま | 2016年2月16日 (火) 02時25分

ああ、懐かしい!
このかんかん、製菓道具(クッキーの型ぬきやら、パイ生地カッターやら)を入れてるかんかんとして、実家で使ってました。で、先日、母が「もう使わへんし、あんた持って行き」とかんかんごと持って帰ってきたところだったんです。
ちょぼのついてるのが、私も好きでした。

子どもの頃の味覚イメージとして、そぼぼうろとなんか味が被ってるんですが・・・

投稿: 天王寺蕪 | 2016年2月16日 (火) 06時40分

なつかし~
むか~し、阪急三番街に泉屋があったような??

「あんた食べや」のニュアンス、まさに!
ひとことで言いきる、以下省略の寛大なトゲ。
『そんなにほしいんやったら、しゃーない、
こうたげるけどな!最後まで責任とりや!」
大阪のおかあちゃんならではの言い回しかも。

投稿: mita | 2016年2月16日 (火) 09時48分

うんうん、懐かしいです。
泉屋のクッキーといえばこの浮き輪型。
これがあるから食べたこと覚えているのかも。
長いこと食べていませんが…(売っているところも少ないですしね)

この赤や緑のアンゼリカ(赤はチェリーかな)ってやつ、昔のケーキやクッキーにはよくのっていましたね。
だから生クリームに生イチゴが載った不二家のケーキは画期的で憧れたな~。

投稿: おばちゃん | 2016年2月16日 (火) 11時39分

●ぽんぽこやまさま
五十路の人間にはもうたまらん懐かしいアイテムやないでしょうかね。忘れられつつあるのに現存してる嬉しさもありますよね。簡易包装のヤツも売ってますから久々にどうです?…って、やっぱり缶入りやないと気分は出んと思いますが。

●天王寺蕪さま
そうそう、肌色の缶に入った丸太町かわみちやの蕎麦ぼうろもみんな食べて大きなったんですよね…ってこっちは関西限定かもしれませんが。で、確かにどっか味の印象がかぶるんですよね。粉っぽいのかなぁ。どっちも好きですけどね。

●mitaさま
さすが…あ〜怖いこわい。まぁおっさんの方がエラソーより円満に行くんちゃうかと思ってますけど。そう思わんとやっとれん…とか何とか。

●おばちゃんさま
赤や緑のチョボ同様、仁丹みたいな粒が乗ったバタクリのケーキも、たまらん懐かしいもんがあります。
私の生まれた町では、最初“天王屋”という和菓子屋さんのバタクリケーキが日常でしたけど、ある時からモン・ナポレオンというお店が生クリームのケーキひっさげてオープンし…今やその町の老舗。天王屋さんは…ひっそりなくなりました。あぁ残念。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2016年2月28日 (日) 15時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/63216583

この記事へのトラックバック一覧です: 泉屋のクッキー:

« 昭和なプラ看板 119 ● キンキパン | トップページ | めがね橋からの眺め四景 »