« “フロマージュ”二題 | トップページ | 煉瓦の煙突残る忠岡町の一角 »

2016年2月 2日 (火)

2月2日17時56分上町南交差点あたりの光景

 災害の現場に向けてシャッターを切ることには抵抗がある。
1602021756
 ですが、うん、この懸命な消火活動はちゃんと押さえとかなあかんなと思って。
 40台の消防車とたくさんの消防士の皆さんの努力でなんとか鎮火。恐ろしいほど火も煙も凄かったこと思うと彼らのお陰でここだけで済んだんやなぁとしみじみ。ホンマに有り難いことです。
 こういう活躍ぶりを見ると「税金取られる」というその発想が間違っていることに気づかされたり。せっせと稼いで社会基盤の充実に寄与せななぁと。最近ようやくその様に思えてきました。

(於:中央区) おひとり亡くなられた様です。合掌。

|

« “フロマージュ”二題 | トップページ | 煉瓦の煙突残る忠岡町の一角 »

写真」カテゴリの記事

大阪市中部」カテゴリの記事

思ったこと」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

この日のこの火事は、結構えげつなかったようですね。

ほんま、消防士の皆さんには「ご苦労様です」という、ありきたりな言葉しか思い浮かびませんが、それしか言えません。近所の消防署ではしょっちゅう訓練しておられて、その様子をまだ子どもが小さいときに見に行ったときにある消防士さんが「いつもこんな訓練してるんですけどね、この訓練が大げさすぎたなあ、今日も使わんでよかったなあって言う日が続いたら、うれしいですよ」本当に、その通りやと思います。

投稿: 天王寺蕪 | 2016年2月 4日 (木) 22時12分

学生の頃、一番しょうもなくて眠たいバイトは役所関係でした。
しかも当時はタイムカードもなく判子ついたら遅刻早退もほぼお咎めなし。
おまけに窓口のおじさんの愛想のなさは最低。
年度末になったら工事してるって噂やし…

そのイメージを持ったまま、小学生になった我が子に
「あんな、区役所でサンダルぺたぺた言わしていやいや住民票発行してるような人間にはなるな。あの人らは“作業効率”とか“利益率”とか普通の会社なら当たり前のことを一切考えてはらへん」とぼやいたら、中学生になったある日「公務員にだけはならない!」と言いだしました。
慌てて「いやいや、世の中には一生懸命に頭も体も使ってる公務員もいてはるし、公務員の仕事はすごく大事やねんで」と教えましたが。

納税は国民の義務なんやし、大事な税金は信用できる人に安心できる形で使ってもらいたいですよね。

投稿: おばちゃん | 2016年2月 5日 (金) 15時45分

●天王寺蕪さま
ええ話ですね。そういうマジメな人々で世の中まわってるねんなぁと思います。ほな「えかげんな人間はどうなん?」ですが…それなりに存在理由があるんでしょうね。山本龍造は…どうなんかなぁ。

●おばちゃんさま
役所と郵便局はここ30年ほどで随分変わったと思いますよ。ホンネは皆さんどう思ってはるか知りませんけども。
どんな組織にもマジメにやってはる人がいる訳で、そこにも目を向けなあかんなと思います。

お二人ともコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2016年2月15日 (月) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/63157516

この記事へのトラックバック一覧です: 2月2日17時56分上町南交差点あたりの光景:

« “フロマージュ”二題 | トップページ | 煉瓦の煙突残る忠岡町の一角 »