« 足場組む鳶の人々遠目から | トップページ | “フロマージュ”二題 »

2016年1月31日 (日)

石庭にサボテンひとつ

Sekitei1 Sekitei2  ちょっと昔ながらな風情漂う工場の門の脇にサボテンがひとつ。たまらんシンプルさが…よろしいなぁ。坪庭にして石庭、そこに異国情緒あふれるサボテンを配して…きっとここの会社の精神を象徴しているんでしょう。かっこよろしいわ。
 ここはこの社の聖地みたいなもん?…と思いつつ過去が気になりいつもどおりストリートビューでチェックしますと…ん?なに?。去年の春時点でただ雑草が生えてるだけですわ。ずっとさかのぼって2009年もまたしかり。なんや、最近やらはったとこか…と思いつつもじつにユニークな状態に仕上げはったもんで楽しいです。庭師の仕事…いや、ここで働く人がしはったんやろなぁと想像しますと、ますますええ感じやなぁと思えますわ。

(於:淀川区) 奥に見える隣の会社の建物も、かなり気になりますな。

|

« 足場組む鳶の人々遠目から | トップページ | “フロマージュ”二題 »

何げな」カテゴリの記事

大阪市北部」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

 サボテンは風水では化殺植物、その棘で裏鬼門となる玄関の凶を祓うとの説も。

文明の利器、役に立つ優れた機器・よく切れる刃物を製造するハイテク企業やグローバルニッチ企業でも…

要は環境工学の観点からも、風通しを良くし常に清潔を心掛ける事でしょうか、とかなんとか。

投稿: 難波のやっちゃん | 2016年2月 1日 (月) 15時35分

●難波のやっちゃんさま
へぇ、サボテンにそんな効力があったんですね。ちょっと知っておれば活用できそう…って、普段からその手のことあんまり考えてませんけど。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2016年2月15日 (月) 10時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/63150768

この記事へのトラックバック一覧です: 石庭にサボテンひとつ:

« 足場組む鳶の人々遠目から | トップページ | “フロマージュ”二題 »