« 防火水槽 168 ■ 福島区海老江2−3−23 | トップページ | 石庭にサボテンひとつ »

2016年1月30日 (土)

足場組む鳶の人々遠目から

 案外見てたらおもろいなぁ。
Tobies1Tobies2
 某スーパーの駐車場に止めてふと前見るとビルに足場組んではります。それがね、遠目に見るとまるでアリンコがせっせと仕事してるみたいというかどうにも現実味がなくて…あ、足場のポールを順送りにしてるのも何ともアリっぽいですなぁ。
 晴れた日のお昼前、街の喧騒とラジオの音が混ざった状況で見るから余計になんともリアリテイないんでしょう。近くで見てたらこわいだけ、でしょ、きっと。

(於:阿倍野区) まぁ通天閣から下見ても同じ様な感じに見えるわな、それだけ。

|

« 防火水槽 168 ■ 福島区海老江2−3−23 | トップページ | 石庭にサボテンひとつ »

何げな」カテゴリの記事

大阪市南部」カテゴリの記事

コメント

 おおっ、阿倍野にも屋外ボルダリングが出来ましたんか、とか何んとか(笑)

若い頃、六甲ロックガーデンに何度も挑戦ましたが、
今では足場や命綱つけても高所は怖いワ!嗚呼(涙)

投稿: 難波のやっちゃん | 2016年1月31日 (日) 12時47分

ガリヴァー旅行記、
小人国でぐるぐる巻きの図を
思いだしましたわ。

投稿: mita | 2016年1月31日 (日) 21時17分

大阪万博にあった「繊維館」を彷彿させますな。

投稿: tanagura1 | 2016年2月 2日 (火) 12時41分

●難波のやっちゃんさま
あ、確かにそうにも見えますわ。
そういう趣味をお持ちの方は鳶職が一石二鳥かと…って、すいません、そんなもんやないですね。

●mitaさま
あ〜なるほど。確かにその様に見えます。人間ちっぽけな存在やなぁと思うと、ちょっと身軽で気も楽になります。

●tanagura1さま
「繊維館…はて?」と思い検索で見ますれば…へぇ、こんな建物やったんですね。見たはずですが全然覚えてませんでした。納得です。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2016年2月15日 (月) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/63145012

この記事へのトラックバック一覧です: 足場組む鳶の人々遠目から:

« 防火水槽 168 ■ 福島区海老江2−3−23 | トップページ | 石庭にサボテンひとつ »