« 新年おめでとうございます | トップページ | 一匹で三猿 »

2016年1月 2日 (土)

アホふたり

 “完宣”て…何や?
Kansen1 Kansen2 Kansen3  例年頂く奈良は香芝の“金鼓”醸造元、大倉本家さんの日めくりで2016年もスタートしました。よろしいなぁやっぱりこの日めくりがないと一年がシャキッとしません。今年からより見やすい位置に定位置を移して「おっ、これはええ感じや」と愛でておりますとお子「ここに書いてええ?」と訊きます。「ええよ」と言うと何や年賀状みたいな文言をそこに。お、こらよろしい。益々もって新年を迎えた感が漂って…なかなかお子、粋なことしてくれますで。
 と感じ入っておりますと、何や見なれん文字がそこに。写真の如く…“完宣”。まぁちょっと違うとは言え「カンセン…何のこっちゃ?」と10秒ほど考えましたら…ははっ、あれのつもりですなぁ。
 「カンセンって何や?」と訊きますれば…「ん?カンセン…感染症!」とか抜かしておりましたがあんた、“”要りませんで、“元旦”は。
 「そうなん…」とお子。何なんでしょこの感覚。いやぁしかし何とも言えんアホな字を…ま、正月早々アホげネタを提供してくれるという点においてはなんと親分孝行なお子やこと。なんとラブリーな。ま、年齢は伏せておきますね、彼女の名誉のために、くっく。
 で、ですわ、ちょっと遅なって夜に渡しました、お年玉を。
Kansen4 Kansen5  実家の父がくれたポチ袋には“おとしだま”とひらがなで書いてあったので「ほなこっちは漢字じゃ」と筆ペン持ってサッサと書いたものの…な〜んか「こんな字やったけ?」と思いつつも「いや、これでええねん」ということで渡しました。
 「うわぁ、ありがとー」と喜んでましたわ。ま、しばらくして「おとしだまってこう書くん?」と訊くお子に「そうやで」とうちのひと。そうや、そうやで。
 とまぁ元日も終わり、布団の中入ってからも「何かちゃうなぁ」と思いつつ眠りについて朝方、ようやく気づきました。「“ヽ”がひとつ多いやん!」と。どおりで何やけったいな“玉”やなぁと思ったわけですわ。
 お子もお子なら親分も親分。はぁ情けないなぁ…と思いつつ「仲間やナカマ」と思ったのでありました。
 で、お子、今日から早速冬休みの宿題の続きを。その内容見ていますれば…なかなか難しいもんです。そうか「小中学校の義務教育をちゃんと勉強したら、それなりにカシコい人間になれるんやなぁ」と実感。いやぁようやっとるなぁ…と思いつつ、やっぱり「興味ないわ」と五十路のおっさん。けどまぁ、歴史だけはちゃんと勉強しといたらよかったなぁと思いますね。そう思うなら今からでも遅くないと何年も前にその手の本買いましたが読まんまま。性根がまぁ、なんというか…

これがフィクションやないところが…イタイな。

|

« 新年おめでとうございます | トップページ | 一匹で三猿 »

あほらし」カテゴリの記事

コメント

お年玉(笑)
なんか、得した感じのお年玉。
今年も、ええこと倍ありますように♡

投稿: 天王寺蕪 | 2016年1月 2日 (土) 22時52分

「完宣」いいなあ!
年頭に、「完全宣言」すること?

「玉」に加点、
もう、お嬢ちゃんには、「たまに勝てん」ですね?

投稿: mita | 2016年1月 3日 (日) 09時20分

あはは、大人の知ったかぶりはあかんけど、子どものそれはいいですよね~
画数多い分、正解よりかしこい感じがするわ。

御年玉、そのうち屋根つけて家建てたら「御年金」ちょうだいね、なんて(笑)

投稿: おばちゃん | 2016年1月 4日 (月) 10時04分

おばちゃんさま
 ざぶとん一枚!

投稿: mita | 2016年1月 5日 (火) 09時45分

●天王寺蕪さま
“得した感じ”ね…ま確かに。しかしいかに普段パソコン任せで自ら字を書かん日々かっていうのがよくわかりました。

●mitaさま
そうか、お子は“完全宣言”しよったんですね…って何をなんでしょ? そこらへんが抜けとるんやなぁ…って一緒ですけど。

●おばちゃんさま
“正解よりも、賢い感じ”…なるほど。ほな、変なお年玉の“玉”も? 否々。
で、そうそう、書いてるうちに「お年玉はお金やし」と“玉”と“金”がごっちゃになってきてこのザマですわ。
しかしながら、mitaさん言わはる様に…うまいなぁ。私からは「座布団30枚!」…さ、座ってすわって。

皆さんコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2016年1月16日 (土) 11時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アホふたり:

« 新年おめでとうございます | トップページ | 一匹で三猿 »