« 星組 梅田芸術劇場公演“Love&Dream” | トップページ | 足場組む鳶の人々遠目から »

2016年1月29日 (金)

防火水槽 168 ■ 福島区海老江2−3−23

 先日は福島区は海老江で仕事。野田阪神駅から歩きはじめますれば、ちょっと変わった古い集合住宅脇に、それらしきものが。
Suiso168a Suiso168b  防火水槽の様ですが、どうも見た感じがのっぺりしていて別モンの様にも見えます。ちょっと勇気出して裏からチェックしてみますれば…あ、やっぱり防火水槽ですね。
 植物が繁茂していますのでちょっと写真ではわかりづらいのですが、それ特有のデザインが施されています。てなわけでこの物件は裏向きに置かれているということになります。
 防火水槽の外も中も同じ植物に覆われてここに存在する意味があるのかないのか。もひとつアピール力に乏しい第168号でした。

(於:福島区) ここらはうっかりすると東西南北がわからん様になりまんな。

|

« 星組 梅田芸術劇場公演“Love&Dream” | トップページ | 足場組む鳶の人々遠目から »

大阪市北部」カテゴリの記事

防火水槽」カテゴリの記事

コメント

 >>ここらはうっかりすると東西南北がわからん様になりまんな。

ホンに幹線道路から一歩入ると、空襲を免れた老朽家屋・石畳そして植木鉢となった防火水槽が多数残ってますね!

もう少し暖かくなると細い道が入り組んだ戦前の町並み・路地探訪に出掛けます。

投稿: 難波のやっちゃん | 2016年1月30日 (土) 09時55分

海老江は防火水槽の聖地ですね。
住吉公園駅の防火水槽は中学に移設されるとのこと、残って良かったです。

投稿: 荒川防火水槽研究会 | 2016年1月30日 (土) 15時27分

●難波のやっちゃんさま
それなりにえぇ町並みが残ってるなと思いましたが、ちょっと探索が足りんなんだみたいです。再訪を…って、ま、仕事があればですけど。

●荒川防火水槽研究会さま
はっ、ここらは防火水槽の聖地ですか。じつはこのひとつしか私は遭遇しませんでした。要するにちゃんとここらを歩いとらんということですね。出直します。
で、住吉公園駅のそれは移設ですか。それは安心です。まぁホント言えばあの駅舎を街のシンボルとして残して、防火水槽も金魚もそのままってのがえぇんやけどなぁと思います。

お二人ともコメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2016年2月15日 (月) 10時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/63137730

この記事へのトラックバック一覧です: 防火水槽 168 ■ 福島区海老江2−3−23:

« 星組 梅田芸術劇場公演“Love&Dream” | トップページ | 足場組む鳶の人々遠目から »